長田電機株式会社

最終更新日:2015-04-17 14:48:31.0

  • 製品カタログ
  •  

離床センサー/赤外線センサー/シートセンサー

  • このカタログを
  • Twitterボタン

基本情報離床センサー/赤外線センサー/シートセンサー

産業用各種電子機器製造販売を行っている、長田電機株式会社の製品カタログです。

【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
・離床センサー
   徘徊、転落予防コールセンサーシステムです。
   発熱体(人)の温度をセンサーが検知。ベッドからの
   起き上がり、移動などに温度変化でお知らせすることが可能です。

・赤外線センサー
   各種装置のデバイスとしてお使いいただく赤外線センサーです。
   人を検知することで自動案内、危険・注意表示、照明や自動ドア
   など様々なシーンでご利用可能です。

・シートセンサー
   徘徊、転落防止コールセンサーシステムです。
   ベッドからの起き上がりや、ベッド上の移動をすばやく検知し、
   ナースコールなどでお知らせします。

離床センサー/赤外線センサー/シートセンサー

【特長】
■離床センサーは就寝中、体温を検知しやすい部分(顔など)にセンサーを合わせることで、画面に温度分布が表示がされます。
■シートセンサーはベッドから起き上がり、対象者がセンサー検出範囲外に移動するとベッド上の移動をすばやく検知し、ナースコールなどでお知らせします。また、車椅子など、着座者の姿勢の変化も検知可能です。

※詳しくはカタログをダウンロードしてご覧下さい。尚、当製品は開発中の為、仕様や使用方法は予告なしに変更する場合があります。価格、製品仕様の詳細はお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

徘徊・転落防止コールシステム【※4種類のセンサーをラインナップ】

医療機関向け製品 徘徊・転落防止コールシステムは、手すりセンサー、サイドセンサー、シートセンサー、マットセンサーの4点がございます。

【特長】
■手すりセンサーは、ベッド柵に設置したセンサーパッドをつかむと検知し、ナースコールなどでお知らせします。
■サイドセンサーは、ベッドの端に座ろうとした時にマットにかかる人の重さを検知し、ナースコールなどでお知らせします。
■シートセンサーは、ベッドからの起き上がりやベッド上の移動を検知し、ナースコールでお知らせします。
■マットセンサーは、マットにかかる人の重さを検知し、ナースコールなどでお知らせします。

※詳しくは、お問い合わせ又はカタログをご覧ください。 (詳細を見る

徘徊・転落防止コールシステム【4種類のセンサーをラインナップ】

医療機関向け製品 徘徊・転落防止コールシステムは、手すりセンサー、サイドセンサー、シートセンサー、マットセンサーの4点がございます。

【特長】
■手すりセンサーは、ベッド柵に設置したセンサーパッドをつかむと検知し、ナースコールなどでお知らせします。
■サイドセンサーは、ベッドの端に座ろうとした時にマットにかかる人の重さを検知し、ナースコールなどでお知らせします。
■シートセンサーは、ベッドからの起き上がりやベッド上の移動を検知し、ナースコールでお知らせします。
■マットセンサーは、マットにかかる人の重さを検知し、ナースコールなどでお知らせします。

※詳しくは、お問い合わせ又はカタログをご覧ください。 (詳細を見る

医療機関、養護施設、家庭向け徘徊転落防止コールシステム

・病院や養護施設をはじめ、家庭でも使用できる徘徊・転落対策としてご利用いただく「離床センサー」をご紹介します。
・マットセンサー、サイドセンサー、手すりセンサーの3種類よりお選びいただけます。
・接続、通信方法は、ナースコール式とワイヤレス式の2タイプがございます。
 (詳細を見る

取扱会社 離床センサー/赤外線センサー/シートセンサー

長田電機株式会社

○産業用各種電子機器製造販売

離床センサー/赤外線センサー/シートセンサーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

長田電機株式会社

離床センサー/赤外線センサー/シートセンサー が登録されているカテゴリ

開く


最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー