株式会社ワールド・クウリアー ロゴ株式会社ワールド・クウリアー

最終更新日:2019/01/30

  • 製品カタログ
  •  
  •  

梱包ソリューション

基本情報梱包ソリューション

重要貨物を安心してお任せ下さい

患者検体も医薬品も絶え間ない温度管理が何よりも大切です。様々な状況で医薬品を完全な状態に維持するには、輸送ルートの選択から梱包までのすべての面で完璧でなければなりません。
ワールド・クウリアーは、血液製剤、ワクチン、さらに組織・生物試料まで様々な貨物の輸送に実績ある梱包を提供します。
ワールド・クウリアーの真空断熱パネル(VIP)サーモコンテナーシステムは幅広い輸送温度に対応できる安心の梱包システムです。

◎詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードして下さい。

治験薬の保管・配送サービス

治験薬の保管・配送サービス 製品画像

季節ごとの温度変化が大きい日本での治験薬の品質を確保するだけでなく、許認可手続きの効率化、通関時間短縮、更に輸送コストを削減することにより臨床試験のプロセスをサポートします。

GMPに準拠した保管専用施設で臨床試験用の治験薬を保管し、輸送部門と連携し全国各地へ発送するサービスを提供しています。施設内では薬剤師や品質保証スタッフが管理に携わり、治験薬と臨床試験関連資材の保管から発送までをトータルにサポートします。

治験薬倉庫のご見学も随時承っております。ご希望の際はお問い合わせください。

【サービス例】
●治験薬用にバリデートされた保管施設
●治験薬を即日または翌日に全国各地へ配送
●インターネットを通じ、24時間いつでもストックのモニターが可能
●回収治験薬の保管・廃棄
●出荷から配達までの物流管理

※詳しくはお気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

安全・確実!危険物輸送サービス

安全・確実!危険物輸送サービス 製品画像

【工業向けソリューション】
医薬品原料、高機能性素材、塗料、微粒子、フィルム材料、樹脂等、産業別の輸送課題を解決します。

【安全な物流】
個別ハンドリングでより確実に世界各地へお届けします。

【危険物取扱いのスペシャリスト】
IATA Dangerous Goods Regulationsにより制限される貨物も、経験豊富なスタッフがお手伝いします。

【パッケージ供給】
温度管理(+15℃〜-25℃、+2℃〜+8℃、-15℃〜-25℃、ドライアイス梱包など)輸送に適した資材、およびIATA Dangerous Goods Regulationsを遵守した輸送を行うための資材を提供します。
世界 140 ヵ所以上の営業所で現地スタッフがサポート!

※詳しくはお気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

梱包ソリューション

梱包ソリューション 製品画像

患者検体も医薬品も絶え間ない温度管理が何よりも大切です。あらゆる状況で
医薬品を完全な状態に維持するには、輸送ルートの選択から適した梱包までの
すべての面で完璧でなければなりません。

ワールド・クウリアーは、血液製剤、ワクチン、さらに組織・生物試料まで
あらゆる貨物の輸送に実績ある梱包を提供します。

当社の真空断熱パネル(VIP)サーモコンテナーシステムはどんな輸送温度
にも対応できる安心の梱包システムです。

【システム仕様】
■頑丈な外容器を永久プラスチック
■ファイバー強化サンドイッチパネルとアルミニウム保護シールドの
 多層壁面構造
■各面 VIP 構造で高度な断熱
■VIP-PCM(Phase Change Materia:保冷剤)

※詳しくはお気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

取扱会社 梱包ソリューション

株式会社ワールド・クウリアー

・温度管理輸送 (各種温度帯対応) ・危険物輸送 (IATA Diploma 有資格者) ・実験動物輸送 (CITES対応) ・治験薬の保管・配送サービス ・緊急貨物のハンドキャリーサービス (自社スタッフ) ・各種温度管理輸送用パッケージングの提供 ・GxP準拠

梱包ソリューションへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ワールド・クウリアー


キーマンインタビュー