特集メインビジュアル

掲載開始:2021年04月19日

  • 分離膜モジュール

    ガス溶解を短縮・省エネ化できる分離膜モジュール。10℃で10000ppmを実現

    スリーエム ジャパン株式会社

    炭酸飲料の開発では、味とのバランスを考慮しながら炭酸ガス濃度の調整を行いますが、溶解量を高めるためにより強く冷却を行うと、電気代が嵩んでしまうのが課題です。

    スリーエムジャパン『Liqui-Cel(TM)分離膜モジュール』は、多孔質の中空糸膜により高効率でガス溶解が行える製品です。水温10℃で10000ppmのガス濃度を実現。電気代を削減でき、工程短縮や省スペース化にもつながります。

気になるジャンルのカタログを無料でまとめてダウンロード!カタログパック

  • 食品機械用グリース
  • 食品・飲料用移送ポンプ
  • 異物混入
  • 糖度計
  • 水分計
  • 食品分析

公開中の特集

最新の特集情報をメールマガジンでお知らせしています。

次回更新は 05/20(Thu)です。

  • サンプルを見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー