SURTECH2017へ出展します

最終更新日:2016/12/19

メトロームジャパン株式会社 ロゴ

メトロームジャパン株式会社

  • 開催地:東京都

メトロームジャパンでは、SURTECH2017(表面技術要素展)へ出展いたします。最新のCVS、VAといった電位化学分析装置をはじめ、最新の自動滴定システムOMNIS(オムニス)を展示する予定です。
お問い合せメールにてご連絡いただきましたら、招待状を送付いたします。
ご来場お待ちしております。



開催日時 2017年02月15日(水) ~ 2017年02月17日(金)
10:00 ~ 17:00
会場 東京ビックサイト 東4ホール
メトロームジャパン小間番号:4R-24
参加費 有料
招待状送付いたします

関連製品

【技術資料】 電気化学分析 基本のきほん その1詳細

【技術資料】 電気化学分析 基本のきほん その1 製品画像

溶液中の微量金属分析やめっき液の分析には欠かせない電気化学分析装置の基本を入門者向けにやさしく解説した技術冊子

目次) 1. 先ずは用語解 2. 直流法とは 3. パルス法とは 4. 交流法とは

CVS自動分析システム(めっき液の多検体分析システム)詳細

CVS自動分析システム(めっき液の多検体分析システム) 製品画像

CVSにサンプルチェンジャーや電動ビュレットを組み合わせた多検体連続自動分析できる「894プロフェッショナルCVS分析装置」

CVSテクニック(サイクリックボルタンメトリックストリッピング)を使用した電気化学めっき浴中の有機添加剤の多検体分析を自動で行えるシステムです。

電位差自動滴定装置 OMNIS《5サンプル同時測定》詳細

電位差自動滴定装置 OMNIS《5サンプル同時測定》 製品画像

【ビュレット分解能10万分の1】【175サンプル連続測定】【5種類のサンプルを同時分析、異なる滴定でもOK】

メトロームの最新型自動滴定システムOMNIS(オムニス)です。 従来の滴定装置では不可能だったスピードと処理能力を持ちつつ、操作が非常に簡単なシステムです。今までにない革新的な自動滴定装置です。 メトロームの装置は全て《3年保証》 アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》 しているため、安心してお使いいただけます。

電気化学分析装置《めっき液や微量金属の分析に最適なVA&CVS》詳細

電気化学分析装置《めっき液や微量金属の分析に最適なVA&CVS》 製品画像

めっき液の研究開発&品質管理、排水など各種溶液中の微量金属分析が1台で簡単&高精度&短時間で実現!

● ボルタンメトリー(VA)によるトレース分析と金属分析 ● サイクリックボルタンメトリー(CVS)&サイクリックパルスボルタンメトリー(CPVS) ● ベンチトップタイプで省スペース ※デモ機あります。サンプルテスト行えます。お気軽にご相談ください。

CVS分析装置(めっき液分析用 電気化学分析装置)詳細

CVS分析装置(めっき液分析用 電気化学分析装置) 製品画像

硫酸銅めっき浴やスズ/鉛浴中の有機添加剤測定を目的とした最新型CVS分析装置「894プロフェッショナルCVS」

◆ サイクリックボルタンメトリーストリッピング(CVS) やサイクリックパルスボルタンメトリーストリッピング(CPVS) の測定装置です。 ◆ 電気めっきプロセスにおける添加剤の効果と有効性を直接測定することができます。 ◆ 添加剤の濃度はCVS又はCPVSによって正確に定量できます。

関連カタログ

取扱会社

メトロームジャパン株式会社

● 電位差自動滴定装置 ● カールフィッシャー水分計 ● イオンクロマトグラフィー ● 近赤外分光分析計 ● ラマン分光計 ● pH計 導電率計 ● イオン計 ● 酸化安定性試験装置 ● 電気化学分析装置(VA・CVS) 【装置は3年間保証】 【アクセサリ/消耗品は製造終了後10年間保証】 【ソフトウェアは装置製造終了後5年間サポート保証】 【アニオンサプレッサは10年間保証】

SURTECH2017へ出展しますへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メトロームジャパン株式会社

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る


キーマンインタビュー