株式会社技術情報協会

最終更新日:2017-10-06 11:26:06.0

  • 製品ニュース
  •  

掲載開始日:2017-10-06 00:00:00.0

【書籍】在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発 (No.1911)

「在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発」書籍写真

  • 「在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発」書籍写真


■ 目  次
第1章 在宅医療の臨床、QOL評価
第2章 在宅医療市場へのエリアマーケティング、データの調査、活用
第3章 在宅糖尿治療で使用される薬剤とリスク管理
第4章 在宅認知症治療で使用される薬剤と誤飲・誤嚥の防止、服薬管理
第5章 在宅関節・骨疾患治療薬剤の安全使用と投与法
第6章 在宅がん治療で使用される薬剤と注入器の安全使用
第7章 在宅透析治療と機器の開発
第8章 在宅での褥瘡用治療材料・薬剤の使用と製品
第9章 在宅医療機器の使用・リスク管理
第10章 在宅での診断・検査機器の開発
第11章 ポリファーマシー、残薬の改善への取り組み
第12章 在宅での栄養管理器具・栄養剤の使用と合併症対策
第13章 在宅医療での服薬・患者管理に貢献できる製剤・システム開発
--------------------
●発刊:2017年9月29日 ●体裁:A4判 544頁
●執筆者:77名 ●ISBN:978-4-86104-673-5
--------------------
※ 詳細はカタログをダウンロードしてください
※ 「試読」できます

関連製品

【書籍】在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発(1911)詳細

【無料試読OK・専門図書】-薬剤、診断機器、治療機器、臨床検査器、栄養剤、ITシステム-

◎ 来る2025年、地域包括ケア時代に向けて、今から企業は何を、どうすれば良いのか?   「在宅医療だからこそ求められる医薬品特性は?」、 「どんなプロモーション戦略を立てるのか?」 ------------------------ ●発刊:2017年9月29日  ●体 裁:A4判 544頁 ●執筆者:77名  ●ISBN:978-4-86104-673-5 -------…

関連カタログ

【書籍】在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発( No.1911)詳細

【技術専門図書】-薬剤、診断機器、治療機器、臨床検査器、栄養剤、ITシステム-

◎ 来る2025年、地域包括ケア時代に向けて、今から企業は何を、どうすれば良いのか? 「在宅医療だからこそ求められる医薬品特性は?」、 「どんなプロモーション戦略を立てるのか?」 ---------------------- ■ 目  次 第1章 在宅医療の臨床的、QOL評価 第2章 在宅医療市場へのエリアマーケティング、データの調査、活用法 第3章 在宅糖尿治療で使用さ…

取扱会社

株式会社技術情報協会

エレクトロニクス、メディカル、化学、環境等の技術分野にて、技術の伝承や基礎教育における情報発信機関として、全国の技術者・研究者を支援しております。

【書籍】在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発 (No.1911)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社技術情報協会

あなたが探している「ニュース:製品ニュース」の情報を見る

【書籍】在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発 (No.1911) と関連するおすすめ情報


最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー