モルシスマテリアルサイエンスセミナー

最終更新日:2018-02-09 17:21:47.0

株式会社モルシス

  • 開催地:東京都

マテリアルサイエンス系ソフトウェアの理論背景および基本機能をご紹介します。ソフトウェアのハンズオンにより機能や操作性など参加者ご自身で体験いただけます。

【セミナーで紹介するソフトウェア】
・密度汎関数法ソフトウェア「ADF」
・熱力学物性推算ソフトウェア「COSMOtherm」
・マルチスケールシミュレータ「CULGI」
・材料設計支援統合システム「MedeA」
・材料設計支援プラットフォーム「SciMAPS」

各セミナーの内容は「詳細」からご覧下さい。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

開催日時 2018年04月18日(水) ~ 2018年05月25日(金)
13:30 ~ 17:00
受付は13:00~
会場 【東京会場の日程】
4/19(木):熱力学物性推算ソフトウェア「COSMOtherm」
5/24(木):マルチスケールシミュレータ「CULGI」
5/25(金):材料設計支援プラットフォーム「SciMAPS」

東京会場:モルシス東京セミナールーム
〒104-0033 東京都中央区新川1-28-38 東京ダイヤビル 1号館 7階

【大阪会場の日程】
4/18(水):材料設計支援統合システム「MedeA」
4/25(水):密度汎関数法ソフトウェア「ADF」

大阪会場:モルシス大阪セミナールーム
〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原四丁目3-12 新大阪明幸ビル 3階
参加費 無料

関連製品

量子化学計算ソフトウェア『ADF』詳細

豊富なプロパティ計算機能!様々な系に適用可能な密度汎関数法ソフトウェア

『ADF』は、密度汎関数法に基づく量子化学計算ソフトウェアです。 均一系・不均一系触媒から無機化学、重元素科学、生化学、各種分光学まで幅広い分野の研究に利用されています。遷移金属を含んだ系でもSCF計算の収束がよく、重元素系で重要な相対論の効果を含めることができます。さらに、周期表の全元素に対応した全電子計算用の基底関数(Slater型)を完備していることは当製品の大きな特長です。

熱力学物性推算ソフトウェア『COSMOtherm』詳細

ひろがる領域、ひろがる可能性!様々な平衡物性を推算することができるソフトウェア

『COSMOtherm』は、物性推算法COSMO-RS法を用いた熱力学物性推算ソフトウェアです。任意の化合物や混合溶液の蒸気圧・分配係数など様々な平衡物性を推算することができます。 COSMO-RS法は、量子化学計算で得られる分子の表面電荷情報と分子統計力学に基づき、溶液中の分子の化学ポテンシャルを算出します。そして、得られた化学ポテンシャルを用いて、様々な平衡熱力学物性を算出します。 …

マルチスケールシュミレーター『CULGI』詳細

マルチスケールシミュレーションのための計算科学統合ライブラリ

『CULGI』は、マルチスケールシミュレーションの実現を目的として設計された計算科学統合ライブラリです。 高分子・界面活性剤・生体膜・コロイド・超分子など、マルチスケール現象が共通して見られるソフトマターの研究においては、各スケールをターゲットとする計算手法の組み合わせによって、スケール横断的にシミュレーションを行うことが求められます。 当製品は、ライブラリ提供という利点を持つため、既…

材料設計支援統合システム『MedeA』詳細

原子スケール材料設計

第一原理バンド計算による「材料設計」!

『MedeA』は、材料設計のための統合的な計算環境です。 第一原理バンド計算を基に、材料(金属・セラミックス・半導体など)に対する、各種物性(構造、光学物性、磁性、熱力学物性、弾性、振動、電子伝導性)を評価することができます。

材料設計支援プラットフォーム『SciMAPS』詳細

最適な材料設計をお手元に!

『SciMAPS』は、外部プログラムとの連携を前提とした、拡張性の高い設計思想を持つ材料設計支援プラットフォームです。 量子化学計算からメソスケール計算まで、時間的にも空間的にも異なる様々なスケールの計算科学手法に対応しています。使いやすいモデル構築機能、データ解析機能が標準装備され、大学や研究機関で開発された世界的に定評のある先進の計算プログラムを統一された操作で利用できます。 高分…

関連カタログ

量子化学計算ソフトウェア『ADF』詳細

豊富なプロパティ計算機能!様々な系に適用可能な密度汎関数法ソフトウェア

『ADF』は、密度汎関数法に基づく量子化学計算ソフトウェアです。 均一系・不均一系触媒から無機化学、重元素科学、生化学、 各種分光学まで幅広い分野の研究に利用されています。 遷移金属を含んだ系でもSCF計算の収束がよく、重元素系で重要な 相対論の効果を含めることができます。 さらに、周期表の全元素に対応した全電子計算用の基底関数(Slater型)を 完備していることは当製品の大…

熱力学物性推算ソフトウェア『COSMOtherm』詳細

ひろがる領域、ひろがる可能性!様々な平衡物性を推算することができるソフトウェア

『COSMOtherm』は、物性推算法COSMO-RS法を用いた熱力学物性推算ソフトウェアです。 任意の化合物や混合溶液の蒸気圧・分配係数など様々な平衡物性を推算することができます。 COSMO-RS法は、量子化学計算で得られる分子の表面電荷情報と分子統計力学に基づき、 溶液中の分子の化学ポテンシャルを算出します。そして、得られた化学ポテンシャルを 用いて、様々な平衡熱力学物性を算出し…

マルチスケールシュミレーター『CULGI』詳細

マルチスケールシミュレーションのための計算科学統合ライブラリ

『CULGI』は、マルチスケールシミュレーションの実現を目的として設計された 計算科学統合ライブラリです。 高分子・界面活性剤・生体膜・コロイド・超分子など、マルチスケール現象が共通して 見られるソフトマターの研究においては、各スケールをターゲットとする計算手法の 組み合わせによって、スケール横断的にシミュレーションを行うことが求められます。 当製品は、ライブラリ提供という利点を…

材料設計支援統合システム『MedeA』詳細

データベースの技術を融合!シミュレーションを効率的に行うための統合環境

『MedeA』は、材料設計のための統合的な計算環境を構築するためのソフトウェアです。 当製品が提供する計算環境では、バンド計算を基に、金属・セラミックス・半導体などの材料に対する、構造評価、光学物性、磁性、熱力学物性、弾性、振動、電子伝導性といった物性を評価することができます。 また、モンテカルロ計算や分子動力学計算を利用することで、流体や高分子を対象にして熱力学物性や相平衡、粘性、熱…

材料設計支援プラットフォーム『SciMAPS』詳細

使いやすい分子モデル構築、データ解析機能を標準装備!最適な材料設計をお手元に

『SciMAPS』は、外部プログラムとの連携を前提とした、拡張性の高い設計思想を持つ 材料設計支援プラットフォームです。 量子化学計算からメソスケール計算まで、時間的にも空間的にも異なる様々なスケールの 計算科学手法に対応しています。使いやすいモデル構築機能、データ解析機能が標準装備され、 大学や研究機関で開発された世界的に定評のある先進の計算プログラムを統一された操作で 利用できま…

取扱会社

株式会社モルシス

計算化学、情報科学に基づくパッケージソフトウェア及び研究データ管理システムの販売、導入支援、技術サポート ■ライフサイエンス系ソフトウェア  統合計算化学システム「MOE」  タンパク質立体構造情報データベースシステム「PSILO」  ターゲット・作用機序予測プラットフォーム「Chemotargets CLARITY」  安全性評価とリスク評価のための統合プラットフォーム「ChemTunes&ToxGPS」  NGSデータ解析ソフトウェア「Partek Flow」  他 多数 ■マテリアルサイエンス系ソフトウェア  材料設計支援統合システム「MedeA」  量子化学計算ソフトウェア「ADF」  熱力学物性推算ソフトウェア「COSMOtherm」  詳細化学反応解析支援ソフトウェア「ANSYS Chemkin-Pro」  他 多数 ■研究データ管理システム  研究情報共有システム「CBIS」  創薬研究情報共有クラウドシステム「CDD Vault」  クラウド型電子実験ノート「Scilligence ELN」  他 多数

モルシスマテリアルサイエンスセミナーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社モルシス

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

モルシスマテリアルサイエンスセミナー と関連するおすすめ情報


  • FOOMA JAPAN_2018_JA

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー