【オンデマンド版配信中】CAR-T細胞治療を再考する~開発から製造まで~

最終更新日:2022/07/01

日本ポール株式会社 ラボラトリー事業部 ロゴ

日本ポール株式会社 ラボラトリー事業部

T細胞免疫療法の可能性には多くの期待が寄せられています。世界で初めてのCAR-T細胞治療薬が2017年に承認されてから約5年経ちましたが、これらの製品を日常的な治療の選択肢として提供するためには、まだまだ多くの課題が残されています。これらの課題には、マニュアル作業を多く含んだ長く複雑でコストのかかる製造ワークフローが含まれます。

本セミナーでは、CAR-T細胞治療を再考する新しい技術のご提案に加え、エンドツーエンドの製造ソリューションまでを包括的にご紹介いたします。CAR-T細胞治療薬のさらなる普及を目指すみなさまの一助となりましたら幸いです。

共催企業: Pall|Cytiva|Beckman Coulter Life Sciences

開催日時 2022年07月01日(金) ~ 2022年09月30日(金)
参加費 無料

関連製品

限外ろ過 TFF ミニメイト EVO システム

限外ろ過 TFF ミニメイト EVO システム 製品画像

【ラボスケールの濃縮、脱塩、バッファー交換処理を合理化】※デモ機貸出可能!

タンジェンシャルフローフィルトレーション (TFF) は、液体サンプルをメンブレン表面と平行に流すことで、メンブレン側に一定の圧力を与え、溶質や小分子をメンブレンに透過させるろ過手法です。 一般的な直接フローろ過と比べ、メンブレン面に対して平行に常時灌流されているため、フィルターの目詰まりが起こりにくく、効率的かつ大容量の限外ろ過が実施できます。 ミニメイトEVOシステムは、大容量のタンパク質…

関連カタログ

取扱会社

日本ポール株式会社 ラボラトリー事業部

基礎研究用のサンプル (核酸・タンパク質を含む溶液や環境水、細胞培養液など)の分離・精製・濃縮工程に利用できるフィルター製品の販売。 【関連分野】 ■分析化学 ■細胞生物学 ■環境分析 ■微生物学 ■分子生物学 【関連する実験工程】 ■核酸・タンパク質の限外ろ過 ■細胞培養液の清澄化 ■微生物検査におけるMF法 ■HPLCなどの分析装置を使用する前のプレろ過 ■ろ過滅菌 ■TFF (タンジェンシャルフローろ過,クロスフロー) ■気体のろ過

【オンデマンド版配信中】CAR-T細胞治療を再考する~開発から製造まで~へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

日本ポール株式会社 ラボラトリー事業部

新着ニュース一覧」の情報を見る


キーマンインタビュー