日本ポール株式会社 バイオテック事業部 ロゴ日本ポール株式会社 バイオテック事業部

最終更新日:2022/06/30

  • 企業ニュース
  •  
  • UPDATE

掲載開始日:2022/06/21

第28回日本遺伝子細胞治療学会学術集会 (JSGCT2022)にて、共催セミナーおよび企業展示に参画します!

日本ポール・バイオテック事業部は、第28回日本遺伝子細胞治療学会学術集会 (JSGCT2022)にて、共催セミナーおよび併設企業展示に参画します。

日時:2022年7月14(木)~16日(土)
会場:博多国際展示場&カンファレンスセンター(福岡県福岡市博多区東光2丁目22番15号)

【共催ランチョンセミナー 7月14日(木) 12:00~12:50】
座長:針金谷 尚人 (日本ポール株式会社バイオテック事業部)
講演1『AAV製品のクオリティ・バイ・デザイン (QbD)』Dr. Peiqing Zhang (Pall Corporation)
講演2『遺伝子治療アプリケーションへのAllegro(TM) STRシングルユースバイオリアクターの活用』堀内 賢一 (日本ポール株式会社バイオテック事業部)
※お弁当をご用意してお待ちしております。

【併設企業展示】iCELLis(R) Nano バイオリアクターやMustang(R) Q XTクロマトグラフィーカプセルを展示します。

みなさまにお目にかかれることを楽しみにしております。

関連製品

iCELLis シングルユースバイオリアクター

iCELLis シングルユースバイオリアクター 製品画像

AAVやLVベクター製造に最適な接着細胞培養用シングルユースバイオリアクター。研究開発から商業生産までスケールアップ可能!

iCELLis(R) シングルユースバイオリアクターは、シングルユース技術と固定床バイオリアクターの利点を 組み合わせてプロセスの単純化を実現した、一体型高密度細胞培養用 バイオリアクターです。 迅速な設置と使いやすさに重点を置いて設計されたコンパクトなシステム。ベンチトップシステムで4平方メートルの細胞接着面積、商業生産用システムはわずか3.2平方メートルの設置面積に最大培養面積500…

Mustang Q XTクロマトグラフィーカプセル

Mustang Q XTクロマトグラフィーカプセル 製品画像

拡張性の高い再使用可能なハイスループットイオン交換メンブレンクロマトグラフィー

『Mustang(R) Q XTクロマトグラフィーカプセル』は、5 mL、50 mL、140mL、450 mL、5 Lの容量があり、先端のムスタングメンブレンを使用した16層のプリーツ構造で安定した性能と拡張性を発揮します。 低い圧力損失で高い結合容量と流量を発揮するため、電荷を持った生体分子をシングルパスで捕捉します。 幅広いカプセルサイズによって、開発段階からフルスケールの生産段階…

取扱会社

日本ポール株式会社 バイオテック事業部

ろ過・分離・精製技術を核とし、シングルユース技術、バイオリアクターに関する製品・サービスを提供しています。 【主な事業内容】 ■フィルター製品の製造・輸入・販売および各種サポート ■バイオ医薬品(抗体医薬品・遺伝子治療・ワクチン・血漿分画製剤等)の製造関連機器の輸入・販売・アフターサービス ■プロセス開発受託サービス ■バリデーションサービス

第28回日本遺伝子細胞治療学会学術集会 (JSGCT2022)にて、共催セミナーおよび企業展示に参画します!へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

日本ポール株式会社 バイオテック事業部

新着ニュース一覧」の情報を見る

  • 2022年07月02日
  • ヒノデホールディングス株式会社NEW
  • 2022年07月01日
  • 株式会社三桂製作所 本社NEW
  • 2022年07月01日
  • 株式会社三桂製作所 本社NEW

キーマンインタビュー