排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】
排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】 http://ls.ipros.jp/public/product/image/ae7/2000209962/IPROS6007472426613086615.png 【よくある質問について】 ■技術者のレベルは? ■専門技術員が来る頻度はどのくらい? ■担当者への教育だけ頼む事も可能か? 上記お困り事がございましたら、当社へご相談下さい。 ※詳細はカタログをダウンロード頂くか直接お問い合わせ下さい。 株式会社エステム 本社 環境対策・リサイクル > 水処理 > 排水処理装置・技術・メンテナンス 詳細はお問い合わせ下さい。
  • 他にも数多くの業務がある中で排水処理の管理業務が負担になっているなど排水処理に関わる運転管理に関する冊子を無料進呈!
    株式会社エステム
    排水処理施設「運転管理」は、他にも数多くの業務がある中で排水処理の管理業務が負担になっている、排水基準値をオーバーして自治体から指導が出てしまったなど様々な問題がでてきます。
    エステムでは排水処理施設「運転管理」についての技術冊子を進呈中!

    【こういうお困り事、ありませんか?】
    1.他にも数多くの業務がある中で排水処理の管理業務が負担になっている。

    2.排水基準値をオーバーして、自治体から指導が出てしまった。

    3.技術支援や排水処理講座など、ご担当者様を育成するプログラムが整っています。

    このような悩みに対し迅速に対応・解決いたします。

    【事例掲載について】
    ■排水処理場の一括アウトソースをするA会社の事例
    ■排水基準オーバー等トラブル解決のB会社の事例
    ■担当者育成の技術支援サービスをご利用のC会社の事例

    ※詳細はカタログをダウンロード頂くか直接お問い合わせ下さい。
    ※実物の冊子をご希望の方は「冊子希望」と記載の上、お問い合わせ下さい。
  • 排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】のイメージ画像です。
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】

【よくある質問について】
■技術者のレベルは?
■専門技術員が来る頻度はどのくらい?
■担当者への教育だけ頼む事も可能か?

上記お困り事がございましたら、当社へご相談下さい。
※詳細はカタログをダウンロード頂くか直接お問い合わせ下さい。

価格

詳細はお問い合わせ下さい。

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

排水基準オーバー等トラブル解決のB社様の事例
(1)自治体からの改善命令が出てしまった!
増産による排水量増加、濃度上昇と気温の低下で排水基準をオーバーしてしまい、ついに自治体からの改善命令が出てしまった。(まさか放流水の抜き打ち検査があるとは思わなかった)
改善しないと操業停止になると言うし、最近は主要取引先からの環境要求事項も厳しくなっており、すぐに改善しないと取引停止のリスクもある。
慌てて様々な業者をインターネットで検索して連絡してみた。

※その他事例を知りたい方はカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

バイオ、医薬品、薬品・化粧品、飲食料品、資源・環境・エネルギー、農林水産・畜産、化学・繊維、官公庁・団体・協会

取扱会社排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】

株式会社エステム 本社

■水処理施設維持管理 ■環境ソリューション ■環境調査分析 ■環境コンサルタント業務 ■広域管理システム ■公害防止および資材販売 他

排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社エステム 本社

排水処理施設「運転管理」 【解決事例冊子無料進呈中!】 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 食品も薬品も工業品も3分で混合! 事例集進呈中
  • FOOMA JAPAN 2017国際食品工業展。来場事前登録受付中

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー