多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』
多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』 http://ls.ipros.jp/public/product/image/466/2000268770/IPROS1854593917950465266.PNG 【機能】 ■多次元スペクトルの低次元化 ■スペクトルの相関解析 ■混合スペクトルのピーク分離 ■リアルタイムモニタリング ■デザインスペース構築 ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 株式会社クオリティデザイン ソフトウェア・IT > 解析ソフト > プロセス解析ソフトウェア
  • この製品を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』

【機能】
■多次元スペクトルの低次元化
■スペクトルの相関解析
■混合スペクトルのピーク分離
■リアルタイムモニタリング
■デザインスペース構築

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

【用途】
■UV/VIS、NIR、IR、Raman、TeraHz、NMR、LC、GC、MSなど
 各種スペクトルの前処理、定量・定性分析、分類、予測、分離、解析モデルの
 装置組込みまで複雑なスペクトルの見える化に

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

よく使用される業種

医薬品、臨床・医療、化学・繊維、試薬・薬品原料、医療機器、研究・開発用機器・装置、IT、バイオインフォマティクス、その他

カタログ多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』

  • クオリティデザインが取扱う『The Unscrambler X』は、品質管理や製品開発に役に立つソフトウェアです。

    多次元スペクトルの低次元化やスペクトル、工程因子の相関解析、混合スペクトルのピーク分離など、複雑なスペクトルや工程因子の見える化に貢献。

    47カ国の3000以上の企業、300以上の大学・研究機関に導入されています。

    【特長】
    ■複雑なスペクトルの見える化
    ■日本語・英語対応
    ■工程因子 相関解析・製品開発・品質管理に最適
    ■47カ国の3000以上の企業が導入

    ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
    [PDF:3MB]
  • ■特徴
    ・圧倒的な⼩型サイズ
    ・40,000 時間以上の⻑光源寿命
    ・解析モデルは CAMO Software社 The UnscramblerX と完全連動
    ・USP1119 準拠校正、IQ/OQ 対応
    ・様々な拡張ユニットを準備
    [PDF:813KB]
  • 1. はじめに
    2. 実験計画法: 種類と概要

    クオリティ・バイ・デザイン(QbD)構築は決して特別な作業ではありません。熟練された技術者の長年の経験と勘で培われた製剤技術をサイエンスベースに基づいて視覚化するための手段です。

    多変量統計解析・実験計画ソフトウェアを用いることで重要工程パラメータ(CPP)、重要品質特性(CQA)の見える化が可能になり、デザインスペースを作成します。
    [PDF:3MB]

取扱会社多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』

株式会社クオリティデザイン

1.理化学機器の販売事業 2.製造工程等に関する解析ソフトウェアの開発及び販売事業 3.製造工程等に関する解析ソフトウェアの開発及び組込みに関する事業 4.コンサルティング事業 5.前各号に附帯関連する一切の事業

多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社クオリティデザイン

多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー