ザルトリウス・ジャパン株式会社 ハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』

【オンラインセミナー開催中】インキュベータ内で生細胞を全自動・リアルタイム解析。数週間に渡るアッセイを実現

『IncuCyte S3』は、細胞培養しながら同時に画像解析が行え、数時間から数週間に渡る、細胞のタイムラプス解析を可能にします。

画像撮影の度に細胞を外に出す必要がなくなり、細胞へのダメージを防止。
情報量に富むデータが得られるため、重要な応答や相互作用を確実に把握できます。

★オンラインセミナー実施★
・日程:2020年7月17日(金)15:00~16:00
・内容:
累積3,000報!実用化・論文発表に繋がる【がん研究・創薬アプリケーション例のご紹介】
https://sartorius-if.smktg.jp/public/seminar/view/647

【『IncuCyte S3』が選ばれる理由】
■最大6枚マイクロプレート格納
■増殖、アポトーシス解析など20種類以上のアプリケーションに対応
(異なるアプリケーション同時実施も)
■アッセイ開始後は離席OK。ネットワーク接続による遠隔操作も可能
■HD位相差および蛍光2色(赤・緑)のイメージングモードが選択可能
■リアルタイム解析が可能。ソフトウェアが何千枚もの画像を自動解析
■論文数2,000文献以上!

関連動画ハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』

基本情報ハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』

<生細胞解析をインキュベーター内で実現>
撮影の度にわざわざ細胞を装置内に移動させて、
不要に細胞にストレスを与える必要がなくなります。
「環境制御システム」との格闘とはもうさよなら。
インキュベーターの安定した環境内に静置したまま、
細胞を数日間から数週間にわたり解析することができます。
単に培養品質管理を改善してより良い実験結果を得ることを目的とする場合であっても、
細胞傷害性免疫細胞のような複雑な細胞間相互作用を調べる場合であっても、
IncuCyteを使えば情報量に富む解析を容易に行うことが可能です。

※デモのご相談・オンラインでの製品説明も可能です

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

カタログハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』

取扱企業ハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』

ザルトリウス.jpg

ザルトリウス・ジャパン株式会社

○精密電子天びんシステムおよび関連製品の輸入・販売・修理 ○電子水分計、超純水/純水製造装置の輸入・販売・修理 ○電子天びん、はかり、分銅、おもりの校正および調整 ○ラボ用メンブレンフィルターの輸入・販売 ○微生物検査用機器・消耗品の輸入・販売 ○バイオ医薬品・ワクチン等の製造関連製品の輸入・販売・修理および受託サービス

ハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ザルトリウス・ジャパン株式会社

ハイスループット生細胞解析システム『IncuCyte S3』 が登録されているカテゴリ