スチームトラップの製品一覧

  • スチームトラップ『エネトラップ』 製品画像

    スチームトラップ『エネトラップ』

    蒸気の節約で燃料代を削減、CO2の削減も可能になります!

    『エネトラップ』は、蒸気の効率的運用ができるスチームトラップです。 当製品を導入することで、燃料費削減・CO2削減効果をはじめ、 メンテナンスコスト削減や生産性向上効果などのメリットが得られま…

    メーカー・取扱い企業: エア・ウォーター株式会社

  • スチームトラップ【従来品との違い】 製品画像

    スチームトラップ【従来品との違い】

    凝縮水発生量の1.5~5倍の安全率!従来のメカニカルトラップとの違いをご紹介します

    従来のメカニカルトラップとの違いをご紹介いたします。 従来のメカニカルトップには、凝縮水が少ない時に蒸気の漏洩を 防ぐためにフロート式や温度差で形状が変化する熱動式などの 弁で排出口を塞ぐ機…

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

  • 新発想のスチームトラップ​ 製品画像

    新発想のスチームトラップ​

    20年以上の耐久性!ARISTIベンチュリ式トラップに更に、コアンダ効果とエジェクタ効果を導入

    新発想の『ARISTIトラップ』のご紹介です。 当製品は、ARISTIベンチュリ式トラップに更に、コアンダ効果と エジェクタ効果を導入しました。 固定式のノズル方式で連続排水方式。安全率…

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

  • スチームトラップSTJトラップの特長 製品画像

    スチームトラップSTJトラップの特長

    トラップ設置後でも能力調整が容易!27種類の豊富なノズルで、好適なノズル選択が可能

    従来のメカニカルトラップでは、設置後の能力調整は不可能でした。 事前の凝縮水量計算で過小評価すると設置後の稼働に支障が生じるため、 トラップ能力の選定は過剰になりがちでした。STJトラップは、…

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

  • スチームトラップ蒸気漏洩​のチェックについて 製品画像

    スチームトラップ蒸気漏洩​のチェックについて

    使用時間の経過とともに蒸気漏洩量は増える!経年劣化による蒸気漏洩の比較を解説します

    従来のメカニカルトラップは可動部分が多いため、使用時間の 経過とともに蒸気漏洩量は増える傾向となります。 ■可動部分の摩耗や変形による動作不良 ■スケール付着による閉鎖不良 ■弁座の摩耗な…

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

  • 省エネを実現するスチームトラップ交換のすすめ【※マンガ冊子進呈】 製品画像

    省エネを実現するスチームトラップ交換のすすめ【※マンガ冊子進呈】

    製造工場における蒸気コスト(ボイラ燃料費)を最大33%削減するヒケツとは?

    知っていますか?蒸気漏れのスチームトラップ1台で年間10万円以上の燃料費を損失します。 STインターナショナル独自のスチームトラップは 蒸気コスト(ボイラ燃料費)を最大33%削減! 製品は10年…

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

  • スチームトラップ​の選定方法について 製品画像

    スチームトラップ​の選定方法について

    蒸気配管における凝縮水発生量の計算例やメカニカルトラップの選定についてご紹介いたします

    凝縮水の発生量は、設備の稼働条件やトラップの設置環境を想定して 計算で求めることができます。 また、メカニカルトラップの選定では、凝縮水発生量の計算値に 安全率を掛けて選定します。 …

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

  • スチームトラップ、STJトラップのご紹介 製品画像

    スチームトラップ、STJトラップのご紹介

    従来のスチームトラップとSTJトラップの構造の違いをご紹介いたします!

    従来のスチームトラップは、蒸気と水の比重差や温度差を利用した メカニカル構造で出来ています。稼働部分があり、メンテナンスが 必要で、耐久性は2~4年です。 STJトラップはノズルがあるだけの…

    メーカー・取扱い企業: 株式会社STインターナショナル

1〜8 件 / 全 8 件
表示件数
45件
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
  • 3M-Maticケースシーラー、ケースフォーマー 発売以来50年の経験が貴社製造ラインをお助けします! 1製造ラインを効率化 2製造ラインの省スペースを実現 3安全とソーシャルディスタンシングを確立
  • 1733 Whatman/ろ過の原点“woven paper” ご存じでしたか。Whatman実験用ろ紙の原点は、創業者が開発した当時世界最高レベルの画用紙でした。

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー