飲食料品、医薬品・化粧品・バイオ関連の
技術者、研究者が
技術を探す

特集 一覧

注目製品 一覧

ゲノム中に含まれるトランスジーンの品質評価、iPS細胞の安全性確認などで行われる、外来DNAの挿入位置の同定。研究のスピードアップ、コスト削減を実現するには、効率的な解析手法が不可欠です。

ファスマックが国立感染症研究所と共同研究で開発した『RAISING法』は、外来DNAの挿入位置をスピーディーに決定できる方法です。高感度で、少ないDNA量で再現性の高い解析が行え、コストの低減が可能。HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)のクロナリティ解析や、ゲノム編集におけるノックインのオフターゲット検出など、様々な活用実績があります。現在、原理等を紹介した資料を配布中です。
すべて読む

rais_method_about1_220x220.png

医薬品・化粧品

飲食料品

バイオ

研究

セミナー・イベント 一覧

新着ニュース 一覧

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー