株式会社バイオネット研究所 ロゴ株式会社バイオネット研究所

最終更新日:2021/07/25

  •  
  • カタログ発行日:2021/07

Windows10対応 ALICE10シリーズ 価格表

NMRデータ処理ソフト『ALICE10bn』※無料体験版ソフト有

NMRデータ処理ソフト『ALICE10bn』※無料体験版ソフト有 製品画像

NMRデータ処理ソフト『ALICE10bn』は、
NMRユーザが必要とするデータ処理・印刷・保存を素早く簡単に行える
Windows10 (32/64bit) 対応ソフトウェアです。

Windows UIを採用しており、
使い慣れたWindowsの「エクスプローラ」と同じ操作感覚で
フォルダ内のデータ種別やコメントなどの情報確認が可能。

また、ソフトの管理とプロテクトキーの認証をサーバPCで行えるため
複数台への導入時のインストールの手間を大幅に削減できます。

★体験版ソフト無料配布中★
 ページ下部<サンプルソフト>よりダウンロードいただけます。
 
 チュートリアル用にQuick Start ガイドもダウンロードできますので、
 操作ガイドと合わせてお試しください。

【特長】
■NMRデータをより使いやすく便利に可視化
■高度かつ多角的なNMR解析機能と、シンプルで分かりやすい操作性を両立
■一次元、二次元処理画面にスペクトル全領域を表示する機能を搭載

【ALICEシリーズ】
NMR解析データの管理を効率化するデータベースソフトもご用意しています。 (詳細を見る

NMR分析のオンリーワン・ソフト『ALICEシリーズ』無料体験版

NMR分析のオンリーワン・ソフト『ALICEシリーズ』無料体験版 製品画像

ALICE10bnの体験版ソフトダウンロードサイト開設以降、
おかげ様で多くの方にALICEのシンプルで分かりやすい操作性を実感いただき、
好評いただいております。

この度、ALICE10bnの体験版ソフトを改良し、アップデートいたしました。

体験版を再インストールされる場合は、アンインストール後に、
アップデート後のファイルのダウンロード・実行をお願いいたします。

【改良ポイント】
 ・新しい分光計のデータに対する位相合わせ対応
 ・新しいデジタルフィルター対応
 ・リファレンス不一致に対する改良
 ・その他、マイナーバグ対応

また、NMRメタボローム解析ソフト『ALICE10MLbn』の体験版をリリースいたしました。

初めてメタボローム解析に取り組む方にも容易にお試しいただけるよう、
体験版ソフトにはトライアル用のNMRデータをご用意いたしました。

★体験版ソフト★
 ページ下部<サンプルソフト>よりダウンロードいただけます。

 チュートリアル用にQuick Start ガイドもダウンロードできますので、
 操作ガイドと合わせてお試しください。 (詳細を見る

NMRメタボローム解析ソフト『ALICE10MLbn』

NMRメタボローム解析ソフト『ALICE10MLbn』 製品画像

NMRメタボローム解析ソフト『ALICE10MLbn』は、
NMRデータ処理ソフトウエア「ALICE10bn」の機能を最大限に生かし、
NMRメタボローム解析に最適化した多変量解析ソフトウェアです。

これまで困難であったスペクトルデータを数値化するために必要な処理を
全て自動化し、ハイスループットに多変量解析結果を導き出すことが可能。

多変量解析に必要な全ての処理・解析を、1つの画面で簡単に操作できる
統合環境を提供します。

★体験版ソフト無料配布中★
 ページ下部<サンプルソフト>よりダウンロードいただけます。
  (詳細を見る

取扱会社 Windows10対応 ALICE10シリーズ 価格表

株式会社バイオネット研究所

○ 計測・医療機器のシステム開発 ○ 計測・医療機器のデータ解析 ○ システム開発のコンサルテーション ○ 次世代バイオビジネスの展開 ○ インターネットを利用した通信販売

Windows10対応 ALICE10シリーズ 価格表へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社バイオネット研究所


キーマンインタビュー