フォス・ジャパン株式会社 ロゴフォス・ジャパン株式会社

最終更新日:2021/03/30

  •  

飼料用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』

飼料用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』

飼料用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』 製品画像

『ProFoss2』は、製造ラインを流れる飼料を連続して分析することにより
製造のモニタリング、製造機器調整の迅速化と最適化、そして分析コストの
削減を実現する新しい飼料製造支援ソリューションです 。

例えば飼料原料をはじめマッシュ飼料、ペレット飼料、フィッシュミールなどの
組成(たんぱく、水分、脂肪、繊維等)をリアルタイムに、かつ正確に
モニタリングすることで原料コストの削減を図りながら製造設備の調整を
タイムリーに行うことができ収益の改善を図れます。

【特長】
■近赤外分析法による全自動インライン連続測定
■超高速スキャンによる高速測定(2~3 秒 /1 回測定)
■本体をラインに直接組み込むためバイパスラインは不要
■バックアップランプ搭載によりダウンタイムを最小化
■512 ピクセル InGaAs ダイオードアレイ検出器を搭載

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

インライン型近赤外分析計(自動連続測定)『ProFoss2』

インライン型近赤外分析計(自動連続測定)『ProFoss2』 製品画像

『ProFoss2』は、近赤外分析法により、食品、穀物、飼料、粉体製品の
水分、たんぱく等の多成分を製造ライン上でインライン(自動連続)測定します。

製造工場のライン工程上で、バター、チーズ、粉乳など乳加工品をはじめ、小麦粉などの穀物、飼料原料、食品など様々な試料の成分をリアルタイムで連続測定が可能となります。

【特長】
■先駆的なダイオードアレイ技術によるインライン自動連続測定
■豊富なスターター検量線
■対象サンプルに応じた各種専用測定センサー
■バックアップランプ搭載によりダウンタイムを最小化
■防塵防水(IP65)、防爆(ATEX規格)仕様

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 飼料用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』

フォス・ジャパン株式会社

FT-IR(中赤外)、NIR(近赤外)、ケルダール、改良デュマ(燃焼法) などの技術を用いて、食品表示法で必要とされる食品成分分析を効率的に、迅速に、高精度に分析を行うことに貢献します。 食品に限らず、ペットフード、フィッシュミールなどの分析にもご利用いただけます。 【栄養成分分析における主な分析技術】 ・たんぱく質:ケルテック、デュマテック ・食物繊維 :ファイバーテック ・脂質抽出 :ソックステック ・その他  :近赤外分析計 ■牛乳、穀類、肉類及びその他食品、飼料の分析、脂肪、蛋白質、水分の測定、品質管理のための分析機器の輸入販売 ■農薬、抗生物質、その他の残留禁止物質の測定のための機器及びその関連分析装置の輸入販売 <カスタマーサポートに関して> 休業中の故障・トラブル等はE-mailまたは留守番電話にて受付させていただきます。「機種名」「シリアルNo.」「症状」「ご担当者名」など詳細にご登録お願いいたします。 受付順に弊社カスタマーサポートより連絡させていただきます。 E-Mail:service@foss.co.jp 電話受付時間:9:00-17:00

飼料用インライン近赤外成分測定装置『ProFoss2』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

フォス・ジャパン株式会社


キーマンインタビュー