株式会社食環境衛生研究所 『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説

『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説 http://ls.ipros.jp/public/product/image/17a/2000324817/IPROS47471311030601737.jpg 【当社の食品異物混入判別検査について】 混入異物の詳細な観察と科学分析によって、食品の製造・運搬・販売過程で起こる さまざまな問題やクレームの原因を特定するお手伝いをいたします。 【特定可能な混入異物例】 プラスチック類、繊維、人毛、獣毛、昆虫類、植物片、 金属片、真菌(カビ)、細菌、骨、油脂類、ガラス ほか ※詳しくは【お問い合わせフォーム】より、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社食環境衛生研究所 品質管理・衛生対策 > 異物持ち込み防止 > その他 異物持ち込み防止
『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説 製品画像

『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説 製品画像

農作物や食品の輸入・販売、食品加工の担当者必見。リスク管理に関する情報を掲載

“食品の異物混入”に関するニュースが増加するなか、
食の安全に対する社会的な関心がますます高まっています。

現在では、SNSなどで消費者から発信された情報から企業イメージを損なう
ケースが増え、食品を扱う上でリスク管理の重要性は高まるばかり。

そこで、当社では「異物苦情対策」「異物検査」について簡単に
解説した資料『異物苦情対策 異物検査の手引き』を無料配布中です!

【掲載概要(一部)】
■異物混入苦情の現状
■異物苦情対応のフロー
■異物混入対策(5S)
■異物検査の検査方法

※資料は【PDFダウンロード】からスグにご覧頂けます。
 お問い合わせもお気軽にどうぞ。

基本情報『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説

【当社の食品異物混入判別検査について】
混入異物の詳細な観察と科学分析によって、食品の製造・運搬・販売過程で起こる
さまざまな問題やクレームの原因を特定するお手伝いをいたします。

【特定可能な混入異物例】
プラスチック類、繊維、人毛、獣毛、昆虫類、植物片、
金属片、真菌(カビ)、細菌、骨、油脂類、ガラス ほか

※詳しくは【お問い合わせフォーム】より、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
よく使用される業種 飲食料品、調査・知的財産、その他

カタログ『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説

『異物苦情対策・異物検査の手引き』

『異物苦情対策・異物検査の手引き』 表紙画像

“食品の異物混入”に関するニュースが増加するなか、
食の安全に対する社会的な関心がますます高まっています。

現在では、SNSなどで消費者から発信された情報から企業イメージを損なう
ケースが増え、食品を扱う上でリスク管理の重要性は高まるばかり。

そこで、当社では「異物苦情対策」「異物検査」について簡単に
解説した資料『異物苦情対策 異物検査の手引き』を無料配布中です!

【掲載概要(一部)】
■異物混入苦情の現状
■異物苦情対応のフロー
■異物混入対策(5S)
■異物検査の検査方法

※資料は【PDFダウンロード】からスグにご覧頂けます。
 お問い合わせもお気軽にどうぞ。

『ノロウイルス対策の手引き』

『ノロウイルス対策の手引き』 表紙画像

ノロウイルスは、感染性胃腸炎、食中毒の原因となるウイルスで、国内では
冬季(11月頃から)に流行が見られ、1、2月にピークを迎えます。
感染力が非常に強く、食品を介してや患者の糞便やおう吐物からの二次感染により、
感染すると考えられています。
ウイルスが体内に入ってから、24~48時間程度で発症するといわれ、激しい嘔吐や
下痢、腹痛、発熱などの症状が見られます。
症状は1~3日程度続くとされています。
年間の食中毒の発生状況を見ると、年によっても異なりますが、ノロウイルスを
原因とするものだけで総事件数のうち2~4割、総患者数のうち4~7割と、最も重要な
食中毒の原因となっています。

そこで、当社では「ノロウイルス対策」について簡単に
解説した資料『ノロウイルス対策の手引き』を無料配布中です!

【掲載概要(一部)】
■ノロウイルスとは
■原因や感染経路
■対策
■検査について

※資料は【PDFダウンロード】からスグにご覧頂けます。
 お問い合わせもお気軽にどうぞ。

『産地判別の手引き』

『産地判別の手引き』 表紙画像

産地偽装は、生産地を偽って表示する事により不当な利益を得るための行為です。
食品の外観から判別することが難しい事から管理が難しく、問題になっています。
今後更に偽装が増えていく事が予想されており、リスク管理が重要となってきます。
産地判別法は様々有ることから適切な手法を選択する必要があります。

そこで、当社では「産地判別検査」について簡単に
解説した資料『産地判別の手引き』を無料配布中です!

【掲載概要(一部)】
■食品偽装とは
■産地偽装とは
■産地偽装を見破るには
■食環研の産地推定判別検査

※資料は【PDFダウンロード】からスグにご覧頂けます。
 お問い合わせもお気軽にどうぞ。

取扱企業『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説

shokukanken_image.JPG

株式会社食環境衛生研究所

●食品分野・検査 ●畜産分野・検査 ●受託試験 ●コンサルティング ●飼料・資材販売

『異物苦情対策・異物検査の手引き』※異物対策・検査について解説へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社食環境衛生研究所