メトロームジャパン株式会社 ロゴメトロームジャパン株式会社

最終更新日:2017/04/17

  • 技術資料・事例集
  •  
  •  

電位差測定法の基本《pH電極って何?の疑問を解決する入門者向け資料!》

基本情報電位差測定法の基本《pH電極って何?の疑問を解決する入門者向け資料!》

pH計や自動滴定装置など電極を使用した測定の基本原理を易しく解説 《無料でダウンロードできます》

電位差測定法についての原理を解説した資料を無料ダウンロードできます。
電極を使用したpH測定も含めて、電位差測定法は世界中で広く行われている迅速かつ簡単な分析手法です。電位差測定法では、指示電極と参照電極が必要となります。指示電極では、試料液の組成に応じて電位変化が起こります。参照電極の役割は、可能な限り試料液に左右されない一定の電位を供給することです。

電位差自動滴定装置916 《高機能&大画面&コンパクト一体型》

電位差自動滴定装置916 《高機能&大画面&コンパクト一体型》 製品画像

メトローム特許の電動ビュレット・ドジーノ、プロペラスターラ付き測定セル、タッチスクリーン式の操作及び表示画面の全てが一体となっています。
塩分用「916 Salt」、油分用「916 Oil」、食品成分用「916 Food」のシリーズがあり、アプリケーションに合わせたアクセサリーがはじめから入っていますので、購入後すぐに分析できます。
メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
しているため、安心してお使いいただけます。
電位差自動滴定装置916Ti-タッチの価格は、105万円~になります。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

電位差自動滴定装置862《オートサンプラと一体化した滴定装置》

電位差自動滴定装置862《オートサンプラと一体化した滴定装置》 製品画像

滴定装置とオートサンプラーが一体となったタイプです。
使いやすさと省スペース性を保ちつつ11検体連続滴定が可能です(サンプルは11検体、洗浄用スペース1検体)。
滴定中は本体内蔵の大型ディスプレイに滴定カーブが表示されます。
結果はオプションのコンパクトプリンターへプリントアウトできます。  (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

電位差自動滴定装置 907《滴定と水分測定を1台でカバー!》

電位差自動滴定装置 907《滴定と水分測定を1台でカバー!》 製品画像

ピストンを上部から下部へ押し下げて分注するトップダウンドージングを実現したドジーノビュレット搭載の滴定装置です。
従来の滴定装置に比べて半分のスペースで設置が可能となります。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

高性能pH計 研究者&技術者向け 913《ラボ&屋外兼用pH計》

高性能pH計 研究者&技術者向け 913《ラボ&屋外兼用pH計》 製品画像

《特色》
● バッテリー駆動オプションにより、コンセントがない場所でも使用可能
● アダプタを使用して車のシガーソケットから充電
● 2つのpH値を並行して記録でき,、測定値の他にサンプルの温度も表示

メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
のため安心してお使いいただけます。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

電位差自動滴定装置《pHスタット&酵素滴定用》

電位差自動滴定装置《pHスタット&酵素滴定用》 製品画像

酵素滴定及びpHスタット専用電位差滴定装置です。
pHスタット滴定、酵素滴定、SET滴定(終点設定滴定)などから2種類の滴定を同時測定することも可能です(要オプション)。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

分析機器ガイド《価格入りメトローム製品一覧カタログ》

分析機器ガイド《価格入りメトローム製品一覧カタログ》 製品画像

【取り扱い製品一覧】
■電位差自動滴定装置
■サンプルプロセッサー
■電動ビュレット
■温度滴定装置
■pH・イオン計
■イオンクロマトグラフ
■PM2.5 オンライン測定装置
■電気化学分析装置VA/CVS
■酸化安定性試験装置
■カールフィッシャー水分測定装置
■水分測定用気化装置

*各種、様々な分析装置をご用意しております。
 詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

電位差自動滴定装置 848《シンプル&省スペース》

電位差自動滴定装置 848《シンプル&省スペース》 製品画像

交換ユニットタイプ電動ビュレットを使用した電位差滴定装置です。
1mL、5mL、10mL、20mL、50mLの各種ビュレットサイズから選択できます。
電位差滴定だけでなく、イオン選択性電極や光度滴定用電極を使用した測定も行えます。 (詳細を見る

価格帯 50万円以上 100万円未満 納期

滴定装置用オートサンプラ 864《秤量から測定までを完全自動化》

滴定装置用オートサンプラ 864《秤量から測定までを完全自動化》 製品画像

864ロボテックバランスプロセッサは、適量のサンプルをラックにセットしておくだけで、ピペッティング→溶媒添加→秤量まで全てを自動で行えるオートサンプラです。
タイトランドシリーズ自動滴定装置と接続することにより秤量から滴定までの完全自動化を実現できます。 (詳細を見る

価格帯 500万円以上 1000万円未満 納期

オートサンプラ815soliprep《粉砕,ろ過,分注も自動化》

オートサンプラ815soliprep《粉砕,ろ過,分注も自動化》 製品画像

815ロボテックソリップシステムにより、自動滴定装置やイオンクロマトグラフと接続することで、ホモジナイズ、フィルタレーション、溶解、希釈、分注といった前処理工程を用途に合わせて自動で行うことができます。 (詳細を見る

価格帯 500万円以上 1000万円未満 納期

滴定装置用オートサンプラ814《フタ付きや特注ラックにも対応》

滴定装置用オートサンプラ814《フタ付きや特注ラックにも対応》 製品画像

814サンプルプロセッサは、12~24検体測定用のオートサンプラです。
● ビーカーサイズに合わせて特注ラック製作可能
● コンタミやCO2防止用の自動リッド(カバー)開閉機能(オプション)
● 試料容器にリッド(カバー)を付けれらるので有機溶媒対策にも有効 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

【技術資料】電位差測定法の基本《pH電極って何?の疑問を解決》

【技術資料】電位差測定法の基本《pH電極って何?の疑問を解決》 製品画像

とてもわかり易い内容ですので、これからpH計や電位差測定装置を初めて使う方の教材としても使えます。 (詳細を見る

【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点

【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点 製品画像

とてもわかり易い内容ですので、これからpH計や電位差測定装置を初めて使う方の教材としても使えます。 (詳細を見る

【技術資料】入門 イオンとpHと解離定数

【技術資料】入門 イオンとpHと解離定数 製品画像

滴定装置、pH計、イオンクロマトグラフなど分析機器を初めて取り扱う入門者向けの解説書です。
トレーニング用テキストとしても使えますので、指導される上司の方もご利用ください。 (詳細を見る

高性能pH&導電率計 研究試験向け 914《ラボ&屋外兼用》

高性能pH&導電率計 研究試験向け 914《ラボ&屋外兼用》 製品画像

《特色》
● バッテリー駆動オプションにより、コンセントがない場所でも使用可能
● アダプタを使用して車のシガーソケットから充電
● pHと導電率を並行して表示
● 0.1μS~500mSの測定範囲をカバーするモバイル導電率計

メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
のため安心してお使いいただけます。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

高性能導電率計 研究技術向け 912【0.1μS~500mS】

高性能導電率計 研究技術向け 912【0.1μS~500mS】 製品画像

《特色》
● ラボ用と測定用の装置がこれ1台でOK:IP67準拠、バッテリー駆動オプション、その他の機能を搭載
● 屋外での測定の際に便利なキャリングケース付きも用意

メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
のため安心してお使いいただけます。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

高性能導電率計 856《サンプルチェンジャー対応》

高性能導電率計 856《サンプルチェンジャー対応》 製品画像

《特色》
● 測定範囲:0.005~100 mS/cm
● FDA 21 CFR Part 11ならびにGLPに準拠
● pHと導電率を並行して測定も可能
● 自動滴定装置との組み合わせた測定にも対応
● 5-リングタイプ電導度測定セルで高い安定性
● オートサンプラと組み合わせて多検体連続測定も可能

メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
のため安心してお使いいただけます。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

【技術資料】非水滴定の基礎

【技術資料】非水滴定の基礎 製品画像

目次
1. 非水滴定を行う場合とは? P2
2. 非水滴定に用いられる溶媒 P4
3. アプリケーション P5
3-1. 氷酢酸中の過塩素酸 c(HClO4)=0.1mol/Lのファクター測定 P5
3-2. c(KOH)=0.1mol/L アルコール溶媒のファクターの測定 P8
3-3. 硝化酸 (HNO3/H2SO4の混酸)の滴定 P11
3-4. 石油化学製品のKOHアルコール溶液による酸価測定 P14
3-5. ヨーロッパ局法準拠による塩酸エフェドリン濃度の測定 P18
3-6. USP24/25 準拠による塩酸エフェドリン濃度の測定 P21 (詳細を見る

電位差自動滴定装置888《ビュレット分解能20,000分の1》

電位差自動滴定装置888《ビュレット分解能20,000分の1》 製品画像

888タイトランドは、分解能1/20,000の806 交換ユニットタイプ電動ビュレットを使用した電位差滴定装置です。
1mL、5mL、10mL、20mL、50mLの各種ビュレットサイズから選択できます。
電位差滴定だけでなく、イオン選択性電極や光度滴定用電極を使用した測定も行えます。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

【技術資料】電位差滴定による植物油の過酸化物価(POV)の測定

【技術資料】電位差滴定による植物油の過酸化物価(POV)の測定 製品画像

電位差自動滴定装置を全自動システムにして、公定法に準拠した過酸化物価(POV)測定をおこなったアプリケーション資料。 (詳細を見る

電位差自動滴定装置 Ecoタイトレーター

電位差自動滴定装置 Ecoタイトレーター 製品画像

一般的な滴定アプリケーションには、ほとんど対応しているため、品質管理の現場において誰でも簡単に滴定が行える最新型自動滴定装置。
・タッチパネル式のディスプレイで使いやすく簡単
・滴定メソッドはルーチンモードやエキスパートモードに変更保存可能
・スターラ―回転速度はキーボタン一つで変更可能
 (詳細を見る

価格帯 50万円以上 100万円未満 納期

電位差自動滴定装置 OMNIS《5サンプル同時測定》

電位差自動滴定装置 OMNIS《5サンプル同時測定》 製品画像

メトロームの最新型自動滴定システムOMNIS(オムニス)です。
従来の滴定装置では不可能だったスピードと処理能力を持ちつつ、操作が非常に簡単なシステムです。今までにない革新的な自動滴定装置です。

メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
しているため、安心してお使いいただけます。 (詳細を見る

価格帯 500万円以上 1000万円未満 納期

電位差自動滴定装置905《1台で2種類の滴定を同時測定》

電位差自動滴定装置905《1台で2種類の滴定を同時測定》 製品画像

試薬ビンの上に電動ビュレットを直接セットして、ピストンを上部から下部へ押し下げて分注するトップダウンドージングを実現した新方式電動ビュレットドジーノ搭載型の電位差滴定装置です。
《特色》
● 従来の滴定装置に比べて半分のスペースで設置が可能
● 905タイトランド(電極インプット×2のタイプ)では1台で2種類の電位差滴定(例:DETモードとMETモードの同時滴定)だけでなく、電位差滴定とイオン選択性電極の同時測定も可能

メトロームの装置は全て《3年保証》
アクセサリは製造終了後《10年間供給保証》
しているため、安心してお使いいただけます。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

取扱会社 電位差測定法の基本《pH電極って何?の疑問を解決する入門者向け資料!》

メトロームジャパン株式会社

● 電位差自動滴定装置 ● カールフィッシャー水分計 ● イオンクロマトグラフィー ● 近赤外分光分析計 ● ラマン分光計 ● pH計 導電率計 ● イオン計 ● 酸化安定性試験装置 ● 電気化学分析装置(VA・CVS) 【装置は3年間保証】 【アクセサリ/消耗品は製造終了後10年間保証】 【ソフトウェアは装置製造終了後5年間サポート保証】 【アニオンサプレッサは10年間保証】

電位差測定法の基本《pH電極って何?の疑問を解決する入門者向け資料!》へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メトロームジャパン株式会社


キーマンインタビュー