メトロームジャパン株式会社 【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点

【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点 http://ls.ipros.jp/public/product/image/a96/2000207858/IPROS4735273496582857076.jpg pHガラス電極は水素イオンと選択的に反応します。つまり、pHガラス電極はH+のイオン選択性電極とも言えます。イオン選択性測定の最も重要な部分は、特別組成のガラス膜にあります。この特別なガラス膜は、測定するために試料溶液中に浸されてある必要があります。溶液中にガラス膜が浸されていると、薄い(およそ1000Å=10-4mm)ゲル状の水和層を形成します。ガラス電極が水中に室温で浸されている場合、隔膜の膨張は24 ~ 48時間以内に完了します。pH電極のガラス膜の場合、この水和層の形成は、より高い温度で加速することがあります。 また腐食媒質、有機溶媒、F-を含む溶液では、この層が破損する可能性があります。... メトロームジャパン株式会社 分析・検査機器 > 電気化学分析装置 > 電気滴定装置 pHガラス電極の基本と注意点
pHガラス電極の構造と取扱い方法について易しく解説した入門者向け小冊子

とてもわかり易い内容ですので、これからpH計や電位差測定装置を初めて使う方の教材としても使えます。

基本情報【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点

pHガラス電極は水素イオンと選択的に反応します。つまり、pHガラス電極はH+のイオン選択性電極とも言えます。イオン選択性測定の最も重要な部分は、特別組成のガラス膜にあります。この特別なガラス膜は、測定するために試料溶液中に浸されてある必要があります。溶液中にガラス膜が浸されていると、薄い(およそ1000Å=10-4mm)ゲル状の水和層を形成します。ガラス電極が水中に室温で浸されている場合、隔膜の膨張は24 ~ 48時間以内に完了します。pH電極のガラス膜の場合、この水和層の形成は、より高い温度で加速することがあります。 また腐食媒質、有機溶媒、F-を含む溶液では、この層が破損する可能性があります。...

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 pHガラス電極の基本と注意点
用途/実績例 小冊子は無料ダウンロードできます。

カタログ【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点

取扱企業【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点

Optrode_withPeople_3465_220X220.jpg

メトロームジャパン株式会社

● 電位差自動滴定装置 ● カールフィッシャー水分計 ● イオンクロマトグラフィー ● 近赤外分光分析計 ● ラマン分光計 ● pH計 導電率計 ● イオン計 ● 酸化安定性試験装置 ● 電気化学分析装置(VA・CVS) 【装置は3年間保証】 【アクセサリ/消耗品は製造終了後10年間保証】 【ソフトウェアは装置製造終了後5年間サポート保証】 【アニオンサプレッサは10年間保証】

【技術資料】pHガラス電極の基本と注意点へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メトロームジャパン株式会社