メトロームジャパン株式会社 酸化安定性試験装置 《油脂や油の劣化を簡単・迅速に測定)

酸化安定性試験装置 《油脂や油の劣化を簡単・迅速に測定) http://ls.ipros.jp/public/product/image/20b/2000050316/IPROS3436099544162909816.jpg 《ランシマットの主な特徴》 ● 公定法CDM試験法準拠 ● AOCS Cd 12b-92 (AOCS-American Oil Chemist' Society) 準拠 ● ISO 6886 Oil Stability Index 準拠 ● ソックスレー法などで溶媒抽出せずに試料の酸化安定性を直接測定 ● 脂質(lipid)を含む食品の酸化安定性試験も可能 ● 酸化安定性試験の測定時間を大幅に短縮 ● FDA21 CFR Part11対応 メトロームジャパン株式会社 分析・検査機器 > 物性計測・成分分析 > 食品・飲料成分分析装置 892プロフェッショナルランシマット 289万円(税別)~
食品、菓子、乳製品、化粧品、医薬品に含まれる油脂・油の酸化安定性や劣化を迅速に測定

動植物油脂の酸化安定性試験装置として、油脂分析試験の公定法CDM試験に準拠した装置です。
AOM試験法では人手と費用がかかり、長い監視作業を要求されます。
これに代わる方法が、メトローム社の開発したCDM試験機ランシマットです。
有機溶媒を使用した抽出が必要なく、試料を直接装置にセットするだけなので、ドラフトチャンバーも必要ありません。

基本情報酸化安定性試験装置 《油脂や油の劣化を簡単・迅速に測定)

《ランシマットの主な特徴》
● 公定法CDM試験法準拠
● AOCS Cd 12b-92 (AOCS-American Oil Chemist' Society) 準拠
● ISO 6886 Oil Stability Index 準拠
● ソックスレー法などで溶媒抽出せずに試料の酸化安定性を直接測定
● 脂質(lipid)を含む食品の酸化安定性試験も可能
● 酸化安定性試験の測定時間を大幅に短縮
● FDA21 CFR Part11対応

価格 289万円(税別)~
※仕様により価格は変わってきますので、お気軽にお問い合わせください。
価格帯 100万円以上 500万円未満
納期 お問い合わせください
※お気軽にお問い合わせください。
発売日 取扱い中
※お気軽にお問い合わせください。
型番・ブランド名 892プロフェッショナルランシマット
用途/実績例 ● インスタント食品などの含まれる油や油脂の酸化安定性試験
● せんべい、おかき、ポテトチップスなどの菓子に含まれる油や油脂の酸化安定試験
● 化粧品、医薬品クリーム中の油や油脂の酸化安定性試験
※デモ機あります。サンプルテスト可能です。お気軽にお問い合せ願います。

よく使用される業種 医薬品、薬品・化粧品、飲食料品、資源・環境・エネルギー、化学・繊維、試薬・薬品原料、研究・開発用機器・装置、製造受託、大学・研究機関、素材・材料

カタログ酸化安定性試験装置 《油脂や油の劣化を簡単・迅速に測定)

酸化安定性試験装置カタログ

酸化安定性試験装置カタログ 表紙画像

892プロフェッショナルランシマットは、動植物油脂の酸化安定性試験として、油脂分析試験の公定法CDM試験に準拠しています。食用油、食品、菓子、化粧品、医薬品、香料に含まれる油脂・油の酸化安定性を測定することができます。
動植物油脂の品質基準である酸価(AV)や過酸化物価(POV)は、含まれている油脂や油が現在どれだけ劣化しているかを評価できますが、酸化安定性は、含まれている油脂や油がどれだけ長持ちするかを評価するものです。この評価方法として従来はAOM試験法がありましたが、人手と費用がかかり、数日間、夜間にも及ぶ長い作業になることがあります。これに代わる方法として開発されたのがメトロームの酸化安定性試験装置ランシマットです。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

メトローム分析機器製品一覧【価格入り、2018年度版】

メトローム分析機器製品一覧【価格入り、2018年度版】 表紙画像

【取り扱い製品一覧】
■電動ビュレット
■電位差自動滴定装置
■イオンクロマトグラフ
■カールフィッシャー水分計
■電気化学分析装置VA/CVS
■酸化安定性試験装置
■近赤外分光分析計(NIR)
■ハンドヘルドラマン分光計
■pH・イオン計
■PM2.5 オンライン測定装置
*各種、様々な分析装置をご用意しております。
 詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

PDFダウンロード [PDF:596KB]
このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

PVC用熱安定性試験装置カタログ(英文)

PVC用熱安定性試験装置カタログ(英文) 表紙画像

ポリ塩化ビニル(ポリビニルクロライド;PVC)や関連する共重合体の熱安定性を測定できる試験装置です。ポリ塩化ビニルは、塩化ビニール、塩ビ、ビニール、ソフトビニールなどとも呼ばれていますが、このような塩化ビニル系樹脂に熱をかけた際の劣化や安定性を測定することができます。
ポリ塩化ビニル系(PVC)のプラスチックは、高い温度をかけると分解してHCl ガスを発生します。この熱分解で生じた酸性ガスは窒素ガスによって蒸留水の入った測定セル内へ運ばれます。PVC系サンプルの熱安定性は、HCl ガスが発生している時間と測定セル内の導電率の変化を測定することにより求められます。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

【技術資料】酸化安定性&酸化安定度&熱安定性試験アプリケーション集

【技術資料】酸化安定性&酸化安定度&熱安定性試験アプリケーション集 表紙画像

AN-R-001:オリーブオイルの酸化安定性
AN-R-003 :ナタネ油の酸化安定性
AN-R-004 :コーンオイルの酸化安定性
AN-R-005 :ベニバナ油の酸化安定性
AN-R-006: ヒマワリ油の酸化安定性
AN-R-007: ピーナッツオイルの酸化安定性試験
AN-R-008:純、ブレンド、加工後、各塩化ビニル(PVC)の熱
安定性
AN-R-009:脂肪酸メチルエステルの酸化安定性(FAME、バ
イオディーゼル)
AN-R-010 :生分解性潤滑油の酸化安定性
AN-R-011 :インスタントラーメンの酸化安定性
AN-R-012: 異なる材料の固形食品の酸価安定性
AN-R-013 :クルミ油の酸化安定性
AN-R-014: スイートアーモンドオイルの酸化安定性
AN-R-015 日焼けオイルの酸化安定性
AN-R-016 :塩化ビニル(PVC)の熱安定性
計32ページ(表紙含む)

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業酸化安定性試験装置 《油脂や油の劣化を簡単・迅速に測定)

Optrode_withPeople_3465_220X220.jpg

メトロームジャパン株式会社

● 電位差自動滴定装置 ● カールフィッシャー水分計 ● イオンクロマトグラフィー ● 近赤外分光分析計 ● ラマン分光計 ● pH計 導電率計 ● イオン計 ● 酸化安定性試験装置 ● 電気化学分析装置(VA・CVS) 【装置は3年間保証】 【アクセサリ/消耗品は製造終了後10年間保証】 【ソフトウェアは装置製造終了後5年間サポート保証】 【アニオンサプレッサは10年間保証】

酸化安定性試験装置 《油脂や油の劣化を簡単・迅速に測定)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メトロームジャパン株式会社