株式会社クオリテイデザイン ロゴ株式会社クオリテイデザイン

最終更新日:2019/05/22

  • 技術資料・事例集
  •  
  •  

多変量統計解析とは

基本情報多変量統計解析とは

多変量統計解析についてまとめました。

1. 主成分分析
2. 多変量スペクトル分解法
3. 各回帰式の考え方
4. 3Dデータの取扱い
5. トレーニングセミナーのご案内

MicroNIR OnSite 携帯型近⾚外分光装置

MicroNIR OnSite 携帯型近⾚外分光装置  製品画像

■特徴
・圧倒的な⼩型サイズ
・40,000 時間以上の⻑光源寿命
・解析モデルは CAMO Software 社 The UnscramblerX と完全連動
・USP1119 準拠校正、IQ/OQ 対応
・様々な拡張ユニットを準備  (詳細を見る

多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』

多変量統計解析ソフトウェア『The Unscrambler X』 製品画像

クオリティデザインが取扱う『The Unscrambler X』は、品質管理や製品開発に役に立つソフトウェアです。

ビッグデータやスペクトル、工程因子の相関解析、混合スペクトルのピーク分離など、複雑なデータの見える化で工程理解に貢献。

47カ国の3000以上の企業、300以上の大学・研究機関に導入されています。

【特長】
■複雑なビッグデータの見える化
■日本語・英語対応
■工程因子 相関解析・製品開発・品質管理に好適
■47カ国の3000以上の企業が導入

デモソフトウェアもご提供しております。お気軽にお問合せください。 (詳細を見る

リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』

リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』 製品画像

クオリティデザインが取扱う『LUMINAR シリーズ』は、
AOTF‐NIR(音響光学的可変フィルター式近赤外)を用いて分析結果を
ラボと生産現場に速やかにフィードバックします。

独自の計測技術を使用することにより、非破壊、非接触で複合成分や
その特性を検知することが可能です。

生産現場で実用性の高いコンパクトなデザインで、
原料から最終梱包品まで液体・粉体・固体の計測が可能です。

【特長】
■高速かつ非破壊・非接触計測
■21CFR/Part11ソフトウェア
■マルチポイント、マルチコンポーネントの測定可能
■堅剛構造であらゆる生産現場に対応
■駆動部品は使用せず振動の影響なし

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
 (詳細を見る

『先進的な制御による連続生産プロセス』資料進呈 ※デモ受付中

『先進的な制御による連続生産プロセス』資料進呈 ※デモ受付中 製品画像

当社が取り扱う、QbD/PAT統合管理システム『SynTQ』は、
分光法や多変量統計解析、プロセス解析技術(PAT)などを活用し、
複雑なビッグデータの見える化に貢献し、製品品質の制御、監視をサポートします。

また、様々なセンサーメーカーのアダプターやOPC(OLE for Process Control)、ODBC(Open Database Connectivity)接続環境を持っており、MES / LIMS / SCADA、生産管理データベースなどの上位システムとシームレスに接続可能です。

【システムの主な特長】
■製品品質の向上
■システム開発工数の削減
■コスト・廃棄材料の削減
■複雑なシーケンスへ柔軟対応

ただ今、『製薬業界における連続生産プロセス』の考え方や用途を解説した資料を
ダウンロードにて進呈中。

さらにQbD/PAT統合管理システム『SynTQ』のテスト利用も受付中です。
お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』 製品画像

『synTQ』は、品質管理や製品開発に役に立つQbD/PAT統合管理システムです。

様々なPATツール、多変量統計解析ツール、上位システムと接続可能で複雑なスペクトルの見える化に貢献。

欧米メガファーマで多くの実績があります。

【特長】
■PATツール、多変量統計解析ツール、上位システムと接続可能
■ユーザーの要望にあわせカスタマイズ可能
■欧米メガファーマで実績多数

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
 (詳細を見る

多変量統計解析とは

多変量統計解析とは 製品画像

『多変量統計解析』は、理化学機器の販売事業、製造工程等に関する解析
ソフトウェアの開発及び販売事業などを行う、株式会社クオリティデザインの
カタログです。

多変量統計解析について、主成分分析や多変量スペクトル分解法、各回帰式の
考え方などをわかりやすくまとめています。

また、東京、大阪にて年3、4回開催している、多変量統計解析トレーニング
コースのワークショップもございますので、お気軽にお問合せください。

【掲載内容】
■主成分分析
■多変量スペクトル分解法
■各回帰式の考え方
■3Dデータの取扱い
■トレーニングセミナーのご案内

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

統合システムを用いた工程因子によるバイオ医薬品バッチ解析管理例

統合システムを用いた工程因子によるバイオ医薬品バッチ解析管理例 製品画像

複雑なデータの一括管理・統合が可能。かつビッグデータを統合管理、
解析を行うことで工程エラーなどの早期イベント検出が実現!

Optimal社 synTQ は、品質管理や製品開発に役に立つQbD/PAT統合管理システムです。
様々な装置、システムとシームレスに接続し、データの一括管理・統合が可能です。

また工程から得られるビッグデータを統合管理、解析を行うことで工程エラーなどの
早期イベント検出を実現できます。システムデモンストレーションも承ります。

◎ 欧米メガファーマで多くの実績があります。

【特長】
■メーカーを問わず、様々な多変量統計解析モデルが使用可能
■近赤外、ラマン、粒度分布計、UHPLCなど、メーカーを問わず様々なPATツールと接続
■工程から得られる温度、圧力、風量など様々な工程データを取り込み解析モニタリング
■OPC、ODBCを介したMES、LIMSなど、上位システム・データベース
■三菱電機社 MELSECシリーズなど様々なシーケンサと接続、データの入出力

※詳しくはPDFをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

【技術セミナー】最新のデータ解析とPATデータマネジメント

【技術セミナー】最新のデータ解析とPATデータマネジメント 製品画像

クオリティデザインはは、2018年6月のインターフェックスジャパンで、
『最新のデータ解析とPATデータマネジメント』のセミナーを行いました。

概要としては、ICHライフサイクルに準拠したPAT/QbD適用として
各種PATツールやPLCからのデータ統合/リアルタイム解析ソフトをご案内しました。

ブース内でも、下記内容でプレゼンテーションを行い
たくさんの方にご清聴頂きました。

【プレゼンテーション内容】
■統合システムを用いたバイオ医薬品解析管理例
■PAT システムによるビッグデータとその統合およびナレッジメジメント
■最新のデータ解析とPATデータマネジメント

※詳しくはPDFをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』

QbD/PAT統合管理システム『synTQ』 製品画像

『synTQ』は、品質管理や製品開発に役に立つQbD/PAT統合管理システムです。

様々なPATツール、多変量統計解析ツール、上位システムと接続可能で
複雑な工程因子相関の見える化に貢献。欧米メガファーマで多くの実績があります。

【特長】
■PATツール、多変量統計解析ツール、上位システムと接続可能
■ユーザーの要望にあわせカスタマイズ可能
■欧米メガファーマで実績多数

固形製剤及びバイオ医薬品、特に連続⽣産をお考えの中で
システム側からの技術ワークショップを開催いたしました。

【ワークショップ情報】
開催⽇時:11⽉29⽇(⽊)・30⽇(⾦)
     10:00~17:00
場所  :京都市成⻑産業創造センター(ACT 京都)

※詳しくはPDFをご覧下さい。
 (詳細を見る

多変量統計解析 トレーニングセミナー京都伏見開催+オンライン

多変量統計解析 トレーニングセミナー京都伏見開催+オンライン 製品画像

多変量統計解析、スペクトル解析、実験計画と最適化、知覚・官能データの解析、PATなどをテーマにトレーニングコースを開催しております。

産業界、研究界で希求される多変量統計解析の運用能力。本コースでは、複雑なデータの関係性の速やかな解釈、最新の多変量統計解析技術の業務応用能力を獲得できます。数学的な説明は最小限に抑え、実践的な内容です。本コースを修了されると、多変量統計解析を使った製品・プロセスの最適化、差異分析・分類、予測定量をスムーズに業務応用できます。集合研修、インハウスセミナーを実施しています。

【集合研修:2日間トレーニングセミナー】
多変量統計解析を用いた理論と実例
産業界、研究界で希求される多変量統計解析の運用能力。本コースでは、複雑なデータの関係性の速やかな解釈、最新の多変量統計解析技術の業務応用能力を獲得できます。数学的な説明は最小限に抑え、実践的な内容です。本コースを修了されると、多変量統計解析を使った製品・プロセスの最適化、差異分析・分類、予測定量をスムーズに業務応用できます。 (詳細を見る

多変量統計解析トレーニングセミナー京都伏見開催+オンライン受講有

多変量統計解析トレーニングセミナー京都伏見開催+オンライン受講有 製品画像

多変量統計解析、スペクトル解析、実験計画と最適化、知覚・官能データの解析、PATなどをテーマにトレーニングコースを開催しております。京都伏見にてトレーニングコースを受講頂くかオンラインにて受講頂くかご選択できます!

産業界、研究界で希求される多変量統計解析の運用能力。本コースでは、複雑なデータの関係性の速やかな解釈、最新の多変量統計解析技術の業務応用能力を獲得できます。数学的な説明は最小限に抑え、実践的な内容です。本コースを修了されると、多変量統計解析を使った製品・プロセスの最適化、差異分析・分類、予測定量をスムーズに業務応用できます。集合研修、インハウスセミナーを実施しています。

【トレーニングコースの内容】
・多変量解析とは      ・回帰分析
・主成分分析:PCA      ・バリデーション
・アウトライヤー(外れ値) ・未知試料の予測
・データのチェック     ・回帰分析でのアウトライヤー

※詳しくはPDFをダウンロード頂くかお問合せ下さい。 (詳細を見る

無料ウェビナー『各種PATツール並びに実例』

無料ウェビナー『各種PATツール並びに実例』 製品画像

分析装置の販売やソフトウェアの開発、分光分析によるサンプル測定、
実験計画法を用いたプロセス最適化等を手がける当社では、
12月11日(金)に無料ウェビナー『各種PATツール並びに実例』を開催します。

近赤外、ラマン分光法、工程因子を用いたソフトセンサー、多変量統計解析、
QbD/PAT統合オーケストレーションシステムを中心に紹介予定です。

【以下のような情報を得たい方におすすめ】
■実際の医薬品業界ではどのようなPATツールが用いられているのか
■各種分光法の違い
■近赤外(NIR)、ラマン分光法でできることは何か
■多変量統計解析で何ができるのか。どのような解析手法があるのか
■実センサー以外のPATツール(ソフトセンサー)は何があるか
■モニタリングの実例

※「PDFダウンロード」より概要資料をご覧いただけます。
 また、参加をご希望の方はお気軽にご連絡ください。 (詳細を見る

取扱会社 多変量統計解析とは

株式会社クオリテイデザイン

世の中には様々なビッグデータが埋もれています。もともと品質を見える化できるはずの様々なセンサー、分析装置を持っていても各メーカーが異なると解析の連携は難しい問題でした。 それらの様々なデータを分析装置、各種センサー、多変量解析ソフトウェアを用いて統合的に見える化を行います。データはたくさんあるけど相関性が見えてこない・・・そんな時は是非弊社へご相談下さい。

多変量統計解析とはへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社クオリテイデザイン


キーマンインタビュー