リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』
リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』 http://ls.ipros.jp/public/product/image/52a/2000210801/IPROS5406829219802114157.JPG 【仕様】 ■操作レンジ:1100nm-2300nm ■スペクトルデータ  ・精度:±0.5nm  ・再現性:±0.01nm  ・解像度:2-10nm  ・スキャンスピード:16,000波長/秒(毎秒26スキャン) ■出力:アナログ、デジタル(16bitA/D)+モジュール ■操作温度:0~60℃ ■動作OS:Windows/マクロ言語を分析ソフトに使用 ■電源:90-250VAC, 47~63Hzまたはバッテリー駆動 ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 株式会社クオリティデザイン 分析・検査機器 > 光分析装置 > 近赤外分光光度計
  • この製品を
  • Twitterボタン

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』

【仕様】
■操作レンジ:1100nm-2300nm
■スペクトルデータ
 ・精度:±0.5nm
 ・再現性:±0.01nm
 ・解像度:2-10nm
 ・スキャンスピード:16,000波長/秒(毎秒26スキャン)
■出力:アナログ、デジタル(16bitA/D)+モジュール
■操作温度:0~60℃
■動作OS:Windows/マクロ言語を分析ソフトに使用
■電源:90-250VAC, 47~63Hzまたはバッテリー駆動

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期


※お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

【製薬業界例】
■原料受入(PIC/S対応)
■撹拌造粒管理
■流動層乾燥、造粒、コーティング管理
■混合均一性管理
■含量均一性管理
■錠剤糖衣、コーティング、厚み管理

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

よく使用される業種

バイオ、医薬品、薬品・化粧品、飲食料品、資源・環境・エネルギー、農林水産・畜産、化学・繊維、試薬・薬品原料、製造用機械、バイオインフォマティクス、コンサルティング

カタログリアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』

  • クオリティデザインが取扱う『LUMINAR シリーズ』は、
    AOTF‐NIR(音響光学的可変フィルター式近赤外)を用いて分析結果を
    ラボと生産現場に速やかにフィードバックします。

    独自の計測技術を使用することにより、非破壊、非接触で複合成分や
    その特性を検知することが可能です。

    生産現場で実用性の高いコンパクトなデザインで、
    原料から最終梱包品まで液体・粉体・固体の計測が可能です。

    【特長】
    ■高速かつ非破壊・非接触計測
    ■21CFR/Part11ソフトウェア
    ■マルチポイント、マルチコンポーネントの測定可能
    ■堅剛構造であらゆる生産現場に対応
    ■駆動部品は使用せず振動の影響なし

    ※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
    [PDF:2MB]

取扱会社リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』

株式会社クオリティデザイン

1.理化学機器の販売事業 2.製造工程等に関する解析ソフトウェアの開発及び販売事業 3.製造工程等に関する解析ソフトウェアの開発及び組込みに関する事業 4.コンサルティング事業 5.前各号に附帯関連する一切の事業

リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社クオリティデザイン

リアルタイム 近赤外分光ユニット『LUMINAR シリーズ』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー