JNC株式会社 ロゴJNC株式会社

最終更新日:2022/06/23

  • 製品ニュース
  •  

掲載開始日:2022/06/23

【試薬販売の開始】ポリリジンの試薬販売を開始します。

ε-ポリリジン(以下、ポリリジン)は正式にはε-ポリ-L-リジンと称される物質です。1989年以来、30年以上の製造実績があり、食品保存料として広く使用されているポリアミノ酸の保存料です。

ポリリジンは発酵で作られる天然の食品保存料です。その高い安全性から、様々な抗菌用途で使用したいというご要望を多数いただいています。
そこでお客様の声を受けて試薬販売を開始しました。

試薬は富士フイルム和光純薬株式会社様からご購入頂けます。

例えば、ウェットティッシュ、歯磨き粉、シャンプー、スカルプケアなど生活に密着した日用品の、合成ポリマー削減が期待できます。

関連リンク

ポリリジンの試薬販売はこちらからお願いします。25%ポリリジン水溶液です。25g容量で販売しています。

関連製品

【試薬用】ポリリジン | 発酵生産の天然カチオンポリマー

【試薬用】ポリリジン | 発酵生産の天然カチオンポリマー 製品画像

ご要望にお応えして試薬販売を開始しました。食品保存料・衛生材料・日用品に使用できる発酵生産のカチオンポリマーです。

ε-ポリリジン(以下、ポリリジン)は正式にはε-ポリ-L-リジンと称される物質です。1989年以来、30年以上の製造実績があり、食品保存料として広く使用されているポリアミノ酸の保存料です。 ポリリジンは発酵で作られる天然の食品保存料です。その高い安全性から、様々な抗菌用途で使用したいというご要望を多数いただいています。 そこでお客様の声を受けて試薬販売を開始しました。 試薬は富士フィ…

食品保存料『ポリリジン』 | 天然微生物の発酵アミノ酸

食品保存料『ポリリジン』 | 天然微生物の発酵アミノ酸 製品画像

食品保存料・衛生材料・日用品に使用できる天然アミノ酸のポリカチオンポリマー。天然微生物が生産する発酵製品なので安全な素材です。

ε-ポリリジン(以下、ポリリジン)は正式にはε-ポリ-L-リジンと称される物質です。ヒト必須アミノ酸のL-リジンのε位のアミノ基とα位のカルボキシル基がアミド結合により25~35個連なったホモポリマーです。 1989年以来、30年以上の製造実績があり、食品保存料として広く使用されているアミノ酸の保存料です。 天然微生物の発酵生産物ですので、合成物質由来の食品保存料の使用を抑えることがで…

『ポリリジン』 | 天然微生物が発酵する天然カチオンポリマー

『ポリリジン』 | 天然微生物が発酵する天然カチオンポリマー 製品画像

食品保存料・衛生材料・日用品に使用できる天然アミノ酸のポリカチオンポリマー。天然微生物が生産する発酵製品なので安全な素材です。

ε-ポリリジン(以下、ポリリジン)は正式にはε-ポリ-L-リジンと称される物質です。ヒト必須アミノ酸のL-リジンのε位のアミノ基とα位のカルボキシル基がアミド結合により25~35個連なったホモポリマーです。 1989年以来、30年以上の製造実績があり、食品保存料として広く使用されているアミノ酸の保存料です。 食品保存料として広く認知されていますので、衛生材料などでも活用できます。 …

関連カタログ

取扱会社

JNC株式会社

【事業・製品】 ■機能材料分野  ・液晶材料  ・情報材料 ■エネルギー・環境分野  ・電力  ・電池  ・環境保全 ■加工品分野  ・繊維・不織布  ・肥料  ・精密加工品  ・樹脂加工品  ・フィルター ■化学品分野  ・化学品  ・ライフケミカル製品  ・合成樹脂  ・合成樹脂ライセンス  ・受託製造

【試薬販売の開始】ポリリジンの試薬販売を開始します。へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

JNC株式会社

新着ニュース一覧」の情報を見る

  • 2022年07月02日
  • ヒノデホールディングス株式会社NEW
  • 2022年07月01日
  • 株式会社三桂製作所 本社NEW
  • 2022年07月01日
  • 株式会社三桂製作所 本社NEW

キーマンインタビュー