放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』
放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』 http://ls.ipros.jp/public/product/image/5d9/2000050945/IPROS2391004939698650705.jpg ●熱入力が低く、応力、歪み、二番ヒケ(アンダーカット)が発生しない。 ●ワーク表面下に強固な拡散層を形成する為、密着力が良く剥離しない。 ●大きなワークは分解せずに現場で処理が可能。 ●サーメット電極のコーティングによりアルミダイカスト・鋳造金型の予防保全、プレス金型のカス上がり防止等が可能。 ●処理層が摩耗しても、その上から重ねて処理できます。 ※その他機能や詳細については、お問合わせ下さい。 テクノコート株式会社 電子・機械部品 > 機械部品 > 機械要素 デジタルスパークデポ
  • “金型へのコーティングによる予防保全 ・ 肉盛補修” どなたでも簡単に高品質なコーティング ・ 肉盛が可能
    テクノコート株式会社
    「デポシリーズ」は、本体のコンデンサーに充電された直流電流を、10-3~10-1秒の周期で10-6~10-5秒の極短時間放電します。
    これにより、電極材がワークとの接触部で8,000~25,000℃の加熱され、
    加熱された電極材はプラズマ化し、ワーク表面に冶金的に転移します。
    転移した電極材は合金化し、ワーク表面に堆積、さらにワーク表面下に、拡散・浸透し高強度密着を実現します。

    【用途・適用例】
    ■ダイカスト金型の表面処理 / 溶損・焼付き防止、予防保全
    ■プラスチック・ゴム成形金型の肉盛補修 / バリ止め、PL部補修
    ■プレス金型のコーティング / カジリ・焼付き・カス上がり防止
    ■アルミ金型・製品の肉盛補修 / ピンホール補修他
    ■各種機械部品、工具等の肉盛補修、コーティング

    ※詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』

●熱入力が低く、応力、歪み、二番ヒケ(アンダーカット)が発生しない。
●ワーク表面下に強固な拡散層を形成する為、密着力が良く剥離しない。
●大きなワークは分解せずに現場で処理が可能。
●サーメット電極のコーティングによりアルミダイカスト・鋳造金型の予防保全、プレス金型のカス上がり防止等が可能。
●処理層が摩耗しても、その上から重ねて処理できます。

※その他機能や詳細については、お問合わせ下さい。

価格

※お気軽にお問い合わせください。

価格帯

100万円以上 500万円未満

納期


※お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

デジタルスパークデポ

用途/実績例

【用途・適用例】
■ダイカスト金型の表面処理 / 溶損・焼付き防止、予防保全
■プラスチック・ゴム成形金型の肉盛補修 / バリ止め、PL部補修
■プレス金型のコーティング / カジリ・焼付き・カス上がり防止
■アルミ金型・製品の肉盛補修 / ピンホール補修他
■各種機械部品、工具等の肉盛補修、コーティング
*その他様々な用途がございます。

【適用素材】
肉盛可能なワークの素材は低炭素鋼、中炭素鋼、工具鋼、金型鋼、鋳鉄、鋳鋼、ステンレス鋼、アルミ合金、銅合金、ニッケル電鋳型、銅電鋳型およびほとんどの電気伝導体が対象になります。

よく使用される業種

バイオ、医薬品、臨床・医療、薬品・化粧品、飲食料品、資源・環境・エネルギー、農林水産・畜産、化学・繊維、試薬・薬品原料、医療機器、実験器具・消耗品、研究・開発用機器・装置、製造用機械、物流、IT、バイオインフォマティクス、調査・知的財産、コンサルティング、研究受託、製造受託、大学・研究機関、官公庁・団体・協会、投資機関、エレクトロニクス、機械要素・部品、設備、素材・材料、その他

ラインナップ

型番 概要
デジタルスパークデポ

【 金型・機械部品等のコーティングによる予防保全・肉盛補修 】 どなたでも簡単に高機能材料のコーティングと肉盛補修が可能。 従来比2倍以上の処理速度を実現した次世代型装置。 急速充電、電圧検知、ソフトスタート回路を搭載。

スパークデポ

【 金型・機械部品等のコーティングによる予防保全・肉盛補修 】 どなたでも簡単に高機能材料のコーティングと肉盛補修が可能。

マイクロデポ

【 金型・機械部品等のコーティングによる予防保全・肉盛補修 】 どなたでも簡単に高機能材料のコーティングと肉盛補修が可能。 スパークデポをベースに小型・軽量化。ポータブルな廉価タイプ。

ウルトラソニックデポ

【 金型・機械部品等のコーティングによる予防保全・肉盛補修 】 どなたでも簡単に高機能材料のコーティングと肉盛補修が可能。 高機能材料をより細かく、より速くコーティング。 面粗度Ra1.2を実現。従来比2倍以上のハイスピード処理。

カタログ放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』

  • 放電加工機の原理を応用した機械部品、金型等への予防保全目的のコーティングと肉盛補修の両方に利用可能な装置です。 
    装置はポータブルで100Vの電源で使用可能。 
    現場での補修作業に最適です。
    【用途・適用例】
    ■ダイカスト金型の表面処理 / 溶損・焼付き防止、予防保全
    ■プラスチック・ゴム成形金型の肉盛補修 / バリ止め、PL部補修
    ■プレス金型のコーティング / カジリ・焼付き・カス上がり防止
    ■アルミ金型・製品の肉盛補修 / ピンホール補修他
    ■各種機械部品、工具等の肉盛補修、コーティング

    *その他様々な用途がございます。

    [PDF:2MB]
  • 放電加工機の原理を応用した機械部品、金型等への予防保全目的のコーティングと肉盛補修の両方に利用可能な装置です。 
    装置はポータブルで100Vの電源で使用可能。 
    現場での補修作業に最適です。
    【用途・適用例】
    ■ダイカスト金型の表面処理 / 溶損・焼付き防止、予防保全
    ■プラスチック・ゴム成形金型の肉盛補修 / バリ止め、PL部補修
    ■プレス金型のコーティング / カジリ・焼付き・カス上がり防止
    ■アルミ金型・製品の肉盛補修 / ピンホール補修他
    ■各種機械部品、工具等の肉盛補修、コーティング

    *その他様々な用途がございます。

    [PDF:6MB]
  • アルミダイカスト・鋳造金型では高温の溶融アルミが高速で流れるため金型表面に侵食や溶損が生じます。 また加熱による膨張と冷却による収縮によりヒートクラックが発生します。 デポシリーズではサーメット電極をコーティングすることによって金型の溶損、焼付き、カジリ、ヒートクラックなどを予防、湯流れ性も向上し製品の不良率を低減します。
    【用途・適用例】
    ■ダイカスト金型の表面処理 / 溶損・焼付き防止、予防保全
    ■アルミ金型・製品の肉盛補修 / ピンホール補修他
    ■プレス金型のコーティング / カジリ・焼付き・カス上がり防止
    ■プラスチック・ゴム成形金型の肉盛補修 / バリ止め、PL部補修
    ■各種機械部品、工具等の肉盛補修、コーティング
    *その他様々な用途がございます。

    [PDF:7MB]

取扱会社放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』

テクノコート株式会社

当社は金型・機械部品の長寿命化と補修に関する新たな技術、装置を開発、製造販売いたしております。

放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

テクノコート株式会社

放電被覆・肉盛装置『デポシリーズ』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー