ノバ・バイオメディカル株式会社 【検証資料】iPS細胞培養上清中パラメーター測定による品質管理

iPS細胞培養上清中のパラメーター測定による品質管理の検討

細胞品質の指標の一つである「細胞増殖性」に着目し、培養条件を変更した際の細胞増殖と培地成分分析の結果を比較を行いました。
iPS細胞のフィーダーフリーでの維持培養において、培地交換の頻度を3条件に設定し、3継代培養を行った実験の結果資料です。

本検証では細胞培養環境分析装置「BioProfile FLEX2」を使用。「BioProfile FLEX2」は非侵襲、少量サンプル、簡便な操作で代謝物、細胞生存率など最大16項目をわずか4分30秒、個別モジュールなら2分で測定可能な細胞培養環境分析装置です。

【製品仕様】
分析項目:グルコース/乳酸/グルタミン/グルタミン酸/NH4+/Na+/K+
     Ca++/pH/pO2/pCO2/全細胞密度/生存細胞密度/生存率/細胞径/浸透圧
自動較正:2時間(固定)/所要時間2分
操作環境:温度 10~30℃ 湿度 20~85%

【特長】
■最大16項目を同時分析可能
■測定時間:最短2分 最長4分30秒(測定項目による)
■主要代謝物質の消費・生産率を測定
■複数形状のサンプル容器対応
■連続測定可能なオートサンプリング機能搭載

基本情報【検証資料】iPS細胞培養上清中パラメーター測定による品質管理

【掲載内容】
■目的
■実験内容
■培地成分分析の結果
■考察

価格情報 モデル、モジュールにより異なります
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください
型番・ブランド名 BioProfile FLEX2
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ラインナップ

型番 概要
BioProfile FLEX2 細胞培養環境分析装置「BioProfile FLEX2」 非侵襲、少量サンプル、簡便な操作で全16項目が測定可能。 全16項目をわずか4分30秒、個別モジュールなら2分で測定完了。

詳細情報【検証資料】iPS細胞培養上清中パラメーター測定による品質管理

細胞培養環境分析装置「BioProfile FLEX2」
非侵襲、少量サンプル、簡便な操作で全16項目が測定可能。
全16項目をわずか4分30秒、個別モジュールなら2分で測定完了。

カタログ【検証資料】iPS細胞培養上清中パラメーター測定による品質管理

取扱企業【検証資料】iPS細胞培養上清中パラメーター測定による品質管理

NovaBiomedicalLogoR PMS 280 Blue__170x170_ipros.png

ノバ・バイオメディカル株式会社

■細胞培養用分析装置 ■血液ガス分析装置及び電解質分析装置(医療機器) ■POCT対応分析装置(医療機器)

【検証資料】iPS細胞培養上清中パラメーター測定による品質管理へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ノバ・バイオメディカル株式会社